動物を愛する男性には、女性を虜にするヒーローの素質がある


数年前からのペットブームにより、
ペットを飼っている家庭が増えましたね。
子供もペットといっしょに育つ環境ができ、
大人になっても動物好きな人が多いように思います。

女性は、男性がペットを可愛がっている姿をみると、
その姿にその人が持つ、未来の父親像を重ねて見るのです。

動物に対して愛情をたっぷり注いでいる男性は、
自分のこどもに対しても、
こんな風にたくさんの愛情を注ぐようなイメージがあり、
女性の本能から、

「この人と一緒なら幸せになれるかも。」

と感じるのです。

aaaad

動物を可愛がる男性からは、優しさが溢れ出ています。
その優しさは、「弱いものへの優しさ」であり、
その人自身の心の広さを汲み取ることができます。

自分のペットだけに愛情を注ぐのではなく、
道にいた野良猫や、怪我をした動物などにも心を向けることができる男性は、
真の動物好きであり、本当に心のある人です。

去年、赤羽で起きた、猫を生きたまま火で燃やしてしまうという事件。
残酷の極みであります。
なぜ、そんなような事ができるのでしょうか。
動物を愛する人には、理解できないばかりか、
怒りと、犠牲にされてしまった猫ちゃんの無念さで心が一杯です。

弱いものを愛せない人に、大切なものを守る力はありません。
弱いものを愛せない人に、本当の強さはありません。

私には、愛犬がいました。
可愛いラブラドールの女の子ですが去年亡くしてしまいました。
ある日、散歩をしに自然公園へ行ったのです。
車を止めてから20分ほど歩いたところで、
愛犬は呼吸困難を起こし、気絶してしましました。
電波のない場所で、電話もできないばかりか、
大型犬である愛犬を、
女性の私が車まで抱えて戻る事は不可能でした。
愛犬が苦しんでいる中、不安と恐怖心で心臓が破裂しそうな気持でした。
人通りのない中、
もう無理だと思い、隣に寄り添って撫で続けました。
そんな時、一人の男性が通りがかりました。
なんと彼は、30キロもある愛犬を背負って、
20分もの距離を、ひたすら歩いて車まで運んでくれたのです。
愛犬は、一命を取り留めました。

男性に名前をきいたのですが、素性を語らぬまま、去っていきました。
そんな男性の姿は、潔く、勇敢で優しい天使のようでした。

あなたは、困っている人を最後に助けたのはいつですか?

女性は、「守られたい」という強い意志から、
ヒーローに弱い生き物です。
ヒーローは、プリンセスを助ける王子様のような存在であり、
強く、たくましく、そして優しい「男らしさ」の象徴なのです。
ヒーローは、どんな時代でも女性を虜にしてきました。

あなたは、女性のヒーローになれますか?

何気ないことでも、それは天があなたを試している試練であるのです。
あなたは、常に誰かに見られているのですよ。
周りに美人さんがいなくても、
あなたは良い行動をすることができますか?

誰かに見せつけるためにする良い行動は、
いくら素晴らしくても、それでは偽物です。
心があってこそ、本物なのです。
その本物を見抜く力を女性たちは備えています。
見せかけは、すぐにバレてしまうものなのです。

弱いものに、やさしさを見せられる、
困っている人に手を差し伸べられる男性こそが、
女性を虜にするヒーローであるのです。