勘違いアクセサリーは女性を遠ざける


男性が身につけるアクセサリー。
物次第で、実は大半の女性がどん引きしています。

女性が嫌がる男性が身につけるアクセサリーを例にあげてみましょう。

・ 金をつかったアクセサリー一式

・ ズボンにつけるジャラジャラしたやつ

・ 骸骨やクロスなどのネックレス

・ パワーストーンのつけすぎ

・ ピアス

本人はオシャレだと思ってやっていることでも、
女性から見ると、本当に下品でだらしないんです。

女性はこんな風に思っています。

「遊んでそう。」

「ホストかチンピラみたい。」

「センスのない馬鹿」

などなど、マイナスなイメージばかりです。

では、どんなアクセサリーが魅力的な「モテ男」?

accessories-for-men_965765

答えは、見えないくらいのさりげなさがポイントです。

ジャラジャラ、
アクセサリーをいかにも「しています!」とアピールするのは、最悪。
ゲイか、馬鹿か、チンピラにしか見えませんよ。

モテる男は実際には、腕時計だけでも十分。
結婚していたり、彼女がいるのであれば、指輪もセクシーです。

多くの女性は、男性のレザーや、シルバーアクセサリーを好む様です。
シルバーは、もはや定番ですが、
モテ男になりたいのであれば、レザーを上手に使う事をおすすめします。

たとえば、パワーストーンにこだわっている人でも、
ストーンだけだと何だか数珠みたいに見えてしまいますが、
パワーストーンアクセサリーの中には、
レザーを使ってカッコ良くデザインされた物まで多くあります。

そういうレザー製品は、男の中の渋みやセクシーさを引き出してくれます。

シルバーなどは価格もピンキリで、
安物を付けると逆に浮いて見えたり、
肌へのなじみも悪く、せっかくの男の品格を下げてしまいます。
どうしてもアクセサリーをつけるのであれば、
お値段の張るちゃんとした物を購入してください。
有名ブランドからはカッコイイデザインのものが多くでていますよ。

それに比べて、レザーでは比較的価値がわかりにくい。
むしろ少し使用感があった方が、渋くてかっこいいなどがあげられます。

どちらにしても、さりげなく魅せるくらいがちょうどいいんです。
「見えるか見えない」くらいのポイントが「いい男」です。

ネックレスであれば、襟元からちょっと見える、
脱いだ時に初めて見える。
レザーのブレスレットであれば、
袖口から少し見えるくらいでいいんです。

日本人男性は、ピアスをする人が多いですが、
外国人から見ると、ゲイかビジュアル系かという感じです。
決して「いい男」「できる男」「モテ男」には繋がりません。
どうか勘違いしないようにしてくださいね。

「モテ男」には品格はつきものです。

品の良いアクセサリーとその付け方を学びましょう。