合コンでの連絡先交換はその場で済ませるのがたしなみ


合コンは出会いのチャンスとしても魅力的な条件がそろっています。
お互いに出会いを求めて集まっているため、
シンプルに息のあった相手とこれから仲を深めることができるのは、
恋愛のスタートとしても良い結果を招くことが期待できるのもメリットです。

しかし、合コンからチャンスを現実にするためには、
それなりに配慮すべきポイントを知っておく必要があります。
悠長に構えていては、チャンスを無駄に過ごしてしまうことも少なくありません。

images34

大きなポイントになるのが連絡先の交換です。
モテる男は着実に仲を深めた相手の連絡先をゲットし、次に繋げることができます。
男性であれば積極性を相手に見せるのも重要です。
ただし、あまりにガツガツしてしまっては女性も引いてしまいます。

会話を交わしながらお互いのことを知りつつ、
さりげなく次の機会を誘うことによって、連絡先交換のきっかけが作れます。
そこから確実に連絡し合う仲になるためには、その場で連絡先交換を行うのが得策です。

時間が経つごとに相手への感情が薄れてしまい、結果的に繋がらずに終了することは考えられます。
リスク管理を行いながら出会いのチャンスを広げるのであれば、
合コンの場で連絡先をもらい、その場で連絡を試しに取るのが、
間違いなく相手に繋がるためのきっかけをつかみ取ることになります。

合コンで連絡先をゲットできなかった失敗例

合コンで連絡先をゲットできない経験は、誰しも起こりうる事態です。
しかし、少しの配慮でミスを防ぐことができるのです。

ここでは、過去の合コンで失敗した実例をもとにして、
配慮すべきポイントについてを解説します。

合コンで連絡先をゲットできなかった一番の理由は、
メールアドレスの誤りが圧倒的ではないでしょうか。
お酒が入っている状況で、メモにメールアドレスを記載してもらうのは、
確実性にも欠けてしまうのです。

現在はLineをはじめとしたアプリがあるため、手軽に確実な連絡先が交換できますが、
できるだけその場で自分宛てにメールを送ってもらうようにするのが、
その後の連絡を途絶えさせないリスク管理へと繋がります。

SNSの友達申請なども、あとで処理してしまうとチャンスが薄れます。
その場で繋がることによって、チャンスを広げるべきなのです。

こうした配慮を行うだけでも、せっかくの出会いを無駄にすることはなくなります。