同じ環境に居ることを出会いのメリットとする意義


社会人になると、同じ職場の人と結ばれるという結果に至るケースが増えます。
その理由は単純接触の効果が発揮されていることが考えられます。

滅多に会えない存在よりも、身近で接触する機会が多い方が、
恋愛対象として意識するチャンスも大きくなります。
単純接触の効果とは、単に会うという行為であっても、
回を重ねることによって意識を増幅するというものです。

毎日顔を見かけるだけの通勤者が、
何となく気になってしまうというのが、こうした心理が関係しています。

会う機会が日常的に設定されるようになると、
相手のことを洞察し、自分にとってメリットがあるか否かを考えるようになります。
同じ環境に居る者同士が惹かれあう裏には、
心理学的な面からの変化が働いているため、
結婚という形あるものへと繋がっていくのです。

もしも気になる女性が居るのであれば、
まずは顔を合わせる機会を設定すべきです。
そこから次のステップを考えることによって、
自分を意識づけたうえでインパクトを与えることができるようになります。

全く知らない人から告白されたとしても、
相手は警戒を解くことはありません。

しかし、面識がある状況で食事に誘ったり仕事の話をしたりすると、
相手側も自分に対するイメージを修正するようになります。

今までは意識の外にいたという方であっても、
恋愛へと発展するチャンスがもらえるのです。
こうしたチャンスを成果にできるようになれば、
一人前のモテ男としての成長が見られた証拠です。

気になる相手が居る場合には、多くの時間を割くのではなく、
多くの頻度を設定すべき。

その理由は、単純接触の効果を見れば一目瞭然です。

22

相手に自分のイメージを作る機会が沢山抱けるように、
回数を重ねることに意識を向けるのが重要です。

仕事をする上でも、月に1度付いて回るよりも、
毎日10分でも顔を合わせて打ち合わせをする方が、
円滑に物事へ着手できる連携が図れます。

恋愛においても同じことが言えるのです。
何となく気になる場面を多く持つことが、
出会いテクニックとしては重要なのです。