同じ職場が魅力的となる出会いのポイント


同じ職場という環境は、恋愛発展の魅力を備えている絶好のポイントです。
しかし、それなりのコツをつかんでおかなければ流れが悪く、
出会いを効率化させることができなくなってしまいます。

同じ職場で働いている本人にアプローチをかけるのであれば、
じわじわと自分の存在感を刷り込むことから始めるべきです。

images (1)

同僚に対してのアピール方法

同僚に対するアピール方法は多様ですが、
まずは仲良くなることから考えると、小さなサプライズを上手に使うべきです。
ちょっとしたプレゼントを買って振舞うことによって、
相手が興味を抱くチャンスを獲得することができるようになります。

「美味しいお店を見つけてきたから買ってきた」と言いつつ、
気になる同僚に対するプレゼントをしてみると効果的です。
ただし、他にも同僚は居るはずなので、あくまで全体に向けて買ってきたということとし、
一番初めに気になる相手にアピールをすべきです。

食事の誘いが比較的に簡単なのも同僚の特権です。
ちょっとしたタイミングでことばかけを行うことによって、
誘われることに対する抵抗感を下げることもできるようになります。

面識があるということで、抵抗なく一緒の時間が過ごせるようになります。

仕事終わりという環境を上手に使う

同僚に対するアプローチの中でも、ごく自然に行われるのが食事のお誘い。
かねてから計画して伺うというのも良いかもしれませんが、
あえて、仕事の終り際にこれからの予定を聞いて、一緒に食事をする旨を伝えるのも効果的です。

不自然な誘いにはならない会話の流れは必要ですが、
思いつきのように誘ったとしても怪しまれることはありません。
仕事という区切りを上手に使うことによって、チャンスは無限に広がります。

お店選びは凝ったところではなく、手軽に済ませることができるカフェでもOK。
大切なのは接触するきっかけを増やすことに尽きます。
2人で過ごす時間は、たとえ彼氏・彼女の関係ではないにしても、
デート気分を楽しむこともできるはずです。