嘘も時には優しい贈り物


女性であれば、嘘つきな男性は、誰でも嫌いです。
それは、人間であれば当然な事ですね。
嘘は、信頼していた人を裏切る行為ですから、
嘘がバレた時、相手に与える衝撃は大きいですね。

人間は常に、気づかないうちに嘘を沢山ついているものです。
ある調査によると、男性は1日に6回
女性は3回という頻度で嘘を着いているそうですよ。
日々、意識することがないので、
実際にこうして数字を見ると驚いてしまいます。

社会で生きていくために、人間関係を育むための手段としても、
社交辞令を多く使うのが、日本人の特徴ですね。
逆に国外に出ると、人の冷たさに衝撃を受けます。
これが、本来の人の姿なのか?と思うとゾッとするくらい、
国外の人はハッキリと物をいいますし、
日本人の様に曖昧な表現をしたり、
社交辞令を言ってペコペコ頭を下げません。
そんな文化の違いからも、
日本人男性と、外国人男性の違いもはっきりと表れてきますね。

何はともあれ、私たち人間は、他人を思いやっているようでも、
やっぱり自分が大切です。
嘘をつくという行為は、
自分にとって都合の良いように行う自己防衛なんです。
そうした自己防衛本能から、沢山の嘘をついてしまいやすくなります。

ですが、考えてみてください。
中には、自分のための嘘ではなく、
相手の為の嘘もありますね。

images

映画『優しい嘘と贈り物』を思い出します。
主人公の老人男性は、認知症で、記憶が確かではありません。
そんな中、一人の女性と恋に落ちます。
二人は、少しずつ関係を深めていきますが、
実は、その女性は、その認知症男性のなのです。
そんな事実がありながらも、
最後まで、夫にもう一度恋をさせてあげた
その女性がついた優しい嘘に、心を強く撃たれました。
思い出しただけでも、目に涙が込み上げる、
素晴らしい作品です。
まさに、妻の「」が感じられる作品でした。

このように愛があってこその「嘘」は、
裏切りではなく優しさなのです。

例えば、仕事で嫌な事があり、凄くつかれている時に、
女性にそんな事を悟られないように、笑顔で優しく振る舞える男性

待ち合わせに遅れてくる女性に、

僕も今ちょうど来たところなんだ。

と、言える男性。

女性にとって、初めて行く場所に二人で出かけ、

ここでデートするの初めて!

と喜ぶ彼女に、いくらそこが、前の彼女との思い出の場所であろうとも

僕も初めてだよ。君と来られて嬉しいよ。

と、言える男性。

女性が知らなくてもいい事実は沢山あるのです。
それは、ご自身の胸の中だけにしまっておいてください。
女性は、考えだしたら解決しても、
心の中にずっと溜め込むタイプです。
女性に苦痛を与えない様に、
無駄な事実は言わない方が無難だという事を、頭においてください。
それが、愛であり、優しさという場合もあるのです。

嘘も、時には優しい贈り物だと、覚えておきましょう。