夜にくるメールが恋のシグナル


付き合うまでのプロセスは個人によっても異なりますが、
脈アリのサインとして考えることができるのがメールです。
特に時間帯で相手の心理を探ることができるため、
モテる男はアプローチのタイミングとして考えているのが現状です。

絢香が発表している「三日月」という楽曲。
この中にも女心の切なさが描かれていますが、
夜の静かな時間ほど、繋がりを感じたいという女性は多いはずです。

絢香「三日月」

温もりに対する魅力や、孤独な時間に対する思いなど、
一昔前は空を見上げるだけだった世の中でしたが、
現在はメールをはじめとした繋がりが簡単に得られます。

だからこそ、夜の孤独な時間に繋がりを求めてメールができるということは、
それだけでも男女の仲としては深まっている証拠とみなすことができるのです。

会えなくても繋がっているという喜びを手にすることができるメール。
日ごろ頑張っていることなど、やり取りの中から丁寧にバックしていくことで、
相手もホッとする存在としてとらえてもらうことができるはずです。

122

想いを届けることができるのがメールのメリット。
会話ではなかなかリアルタイムに相手に響く言葉が伝えられないとしても、
メールであれば自分の考えを冷静にまとめることができます。

モテる男はメールを用いた距離の短縮を図るのが上手です。
離れていても繋がっているという喜びを手にすることができるようなやり取りを、
気になる相手と行うことによって、想い合うというサイクルができあがります。

絢香が描く「三日月」から考える女心

絢香の人気ナンバーでもある「三日月」という楽曲。
それぞれ離れ離れになっている夜であっても、
お互いに繋がりがあるという想いを原動力にする女心が豊かに描かれています。

相手を愛しいと思うためには、それなりの根拠が必要です。
一緒に居ることによって安心したり、温かみを感じたりと、
女性が落ち着く存在で居られるような人であることが、恋心を寄せる人となるのです。

モテるためには「今度いつ会えるのだろう?」と心待ちにすることができると、
魅力的な男性として見てもらえるのです。
そのためのメール戦略は、女心をくすぐるポイントとなります。