大人の男たるもの経済力のゆとりが欲しい!?


よく女性に理想のタイプとか聞くと、
「優しい」「面白い人」と同じくらいの確率で
登場するのが、「お金持ち」

愛があればお金は二の次…、という女性もいますし、
確かに必ずしもお金持ちである必要はないのですが。

恐らく多くの女性が感じる理想は、経済的にしっかりしている、ということ!

例えば急に何かしよう、突発的にどこかへ出掛けようとなり、
「いや俺それはちょっと…お金ないから。」などと言おうものなら、
「あなた10代20代前半の学生でもないのだから、それはないんじゃない?」
と、女性からガッカリされること、請け合いです…。

いざというときや、何かを急にしようとするときにも
ゆとりで対応できるのはその経済力があってこそ

もちろんどんな提案でも受け入れる必要性を述べているのではなく
(そんなことをしていたら結局、溜まるものも溜まりません!)、

そういう話になった時、何かを女性にねだられた時など、
“お金がない”という理由で断るのではなく、
本当に必要なものなのか否か、正当な理由で選択できる、
すなわちそれが、ゆとりの経済力だと思うのです。

無駄使いをせず、でも必要なところはバーンと使う!

メリハリの付け方をわかっている男性。

そして、支出バランスのみならず、もちろん
収入もある程度落ち着いて高い方が望ましいです。

特別な努力をした人が就ける専門職に就いている、
営業職だけど成績がずば抜けて良く、インセンティブが多い、
自分の仕事に真摯に向き合い、後輩からも慕われて昇級し続けている、

それは自分に見合った仕事に就いているという証拠。そしてそれは、
自分をわかっていることでもあり、仕事ができるということでもある。

経済的

つまり、女性から見るととても魅力的、理想的な男性像です!

もしあなたが、いつも何かをする際の基準が“経済的”なものであったり、
いつまでも経済的に苦しい、と感じているのであれば、

一度その収支のバランスを見直し、
現在の自分の仕事のポジションや収入を考え直す、
良いタイミングかもしれませんね。

実は最近それぞれ違う場所で話していた、女性どちらともから、
「やはり成熟した年齢になれば、それなりの経済力は欲しい!」
と、熱弁されましたので。この場を借りて、共有させて頂きました。

何よりやりたいときにやりたいことができる経済力があって、
魅力的な女性が常に周りであなたの興味を引こうとして、
あなた自身も充実した仕事生活ができるなら…

そんな毎日は、無敵だと思いませんか!?