女は「心のチャンネルがある男」に弱い


人間はつい嫌なことがあれば、
関係のない所にまで、それを引きずってしまいがちですね。
それは、気持ちの切り替えが上手くできないからだと思います。
気持ちの切り替えが上手くできないと、
つい関係のない人の気分まで害してしまったり、
そのせいで、また自己嫌悪に陥ったりと、
悪循環を繰り返してしまうのです。

会うたびに、

「面倒くさい。」

「だるい。」

と、口走る人がいます。

女性は、大変その場のムードに流されやすい生き物ですから、
男性が吐くそのような言葉は、
一瞬にして女性の感情を台無しにしてしまうことを、
頭に置いてください。

雰囲気というのは、
意識していなくても、相手に伝わりやすいものなのです。

よく日本語で「張りつめた空気が漂う。」
などと、表現しますが、
人間は、実はこんなにも「空気」の変化に敏感なのです。
会議室に入った時に、「緊張感が漂っている」など、
この「緊張感が漂う」という言葉も、
言葉として説明できないような意味が、
空気中に雰囲気として存在しているのです。
こんなにも、私たちは空気の変化に敏感なのですから、
あなたが、発するマイナスな言葉が、
周りの人の感情を左右していることは、恐ろしいことでもありますね。
良く、イライラすると、「腹が立つ」と言いますが、
腹が立つのは、同じフロアに立っているからなのです。
相手より、一段上がったところに立ってみたらどうでしょう?
そうすれば、そんなに腹も立ちません。
テレビのチャンネルと同じように、
心にもいくつかのチャンネルを用意しておけばいいのです。
嫌なことがあれば、スイッチ一つで、すぐに切り替えられる様な男性に、
女性は弱い生き物なのです。

imagesCAZEAPL7

そんなあなたを、女性は、
「たくましい。」「頼もしい。」
と称賛するはずですよ。

「疲れた~。」

ではなく、

「今日も仕事、頑張ったよ~!」

という言葉に。

「やだな~面倒さいな~」

ではなく、

「これも自分のためだ!やってみるか!」

という言葉に代えてみてください。

こんな簡単な事でも相手に与えるフィーリングは、
100パーセント真逆なものになるのですよ。
言葉の威力は、すさまじいものです。
肯定宣言を実際に言葉で発することによって、
自分自身のやる気に繋がるどころか、
相手の感情まで肯定的に変化させることができるのです。

無題positive

女性はやはり、ハッピーな男性の傍にいたいものです。
すぐに愚痴をこぼすような、
器の小さな男性とは一緒にいたくありません。
女性自身まで、そんな相手に左右されてしまっては、
自分を見失ってしまうからです。

ぜひ、肯定宣言を心掛け、
周りも幸せな空気で包み込めるような、
ハッピーなモテ男を目指してください!