女性が頼ってしまう男性像


好きなタイプを聞かれて、「優しい人」と
同じくらい上位に入るのがこの「頼れる人」。

これはもう敢えて言わなくても、
本能的に女性が求めてしまうもの。

頼り甲斐のある男性。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

特にこれ仕事の場だと顕著にわかりますよね。

以前の職場で尊敬する上司がいました。
体育会系、ともすればパワーハラスメントだったその職場。

そんな中で彼だけは、異色の存在でした。

例えば誰かが問題を起こしたとします。
他の先輩や上司は助けてくれないどころか、
クライアントの前でその誰かをこっぴどく叱る、のに対し、

彼は笑顔でやって来て、状況を把握し、解決し、去って行く。

な、なんて出来る男性なのだろう!
そしてなんて器の大きな男性なのだろう!

そんな彼でしたので、同僚は皆何かあれば彼を頼って相談し、
そして逆に彼に何かあれば皆が助けたいと思いました。

そう、彼がその職場にやって来るやいなや、
一躍人気者、頼れる上司になったのです。

ポイントはやはり、笑顔と器だと思います。

彼はどんな厄介で面倒な状況であっても、
笑顔で自分から進んで対応してくれました。

人の嫌がることを引き受ける。

これは男性のみならず女性にとっても課題です。
そしてこれが自然に快くできるようになると、
人として器がどーんと大きくなること請け合い!

さらにやはり笑顔でやって来るだけでなく、彼には
どんな状況もうまく解決する力量があったということ。
クライアント、スタッフ、誰の気持ちも害すことなく。

それは彼の、男としての、上司としての力量ですよね。

特にトラブル対応力に優れた男性は、
感情的になり易い女性の目から見ると、
とても魅力的に映ってしまうものです。

職場で頼れる男性なら、
きっと私生活でも頼れるだろうと、
簡単に想像がついてしまいますね。

何も、筋肉ムキムキのケンカに強そうな男性だけが
頼り甲斐のあるなし、に繋がるわけではないのです。

些細なことからでもいいので、始められることは周りに色々ありそうです。

困っている人がいればさっと救いの手を差し伸べる、
人が躊躇しているところへ颯爽とやって来て助ける、

そういう積み重ねが自分自身も強くするし、
周りへ与える印象にも違いが出てくるのではないでしょうか。

もう一度、女性は本能で頼りたい生き物なのですから。