女性に合わせる男ほどモテるのはどうしてか?


一昔前は男性が女性をグイグイ引っ張るのが当たり前の時代。
しかし、今は同じような考えではモテない男の殿堂入りです。

モテる男になるためには、柔軟に女性に合わせるスキルが重要です。

10

合わせるポイントは色々ありますが、
恋人へと発展を期待する中になりたいのであれば、
相手の要求が何かをはっきりとリサーチしたうえで、
一緒に楽しむようなプランニングを行うことが重要になります。

自分一人だけが楽しいだけでは十分ではなく、
相手だけが楽しいという状況も好ましくありません。
お互いに楽しい時間だったと思えるような体験を得ることが、
もっと一緒に居たいという気持ちに発展します。

男性がある程度の選択肢を用意しておき、
あとは女性にかじ取りを行ってもらうというスタンスであれば、
気兼ねなく時を楽しむことができるようになります。

双方の意向が汲み取られているようなスタイルを目指さなければ、
女性側も気を使ってしまうことになります。

スタンスは女性優位であっても構いませんが、
男性の意見がどこかにさりげなく反映され、
結果的に一緒に過ごした時間を感謝されるようであれば、
女性としても無駄な時間ではなかったと悟るのです。

声かけ一つで相手の印象は大きく変わります。

女性に合わせているつもりであっても、
無理して合わせているのは意味がありません。

自然のままに合わせることができるスマートさがなければ、
相手に合わせるのが得意というステイタスは捨てるべきです。
肝心なところは自分の意向を踏まえてほしいという思いは、
その後も一緒に過ごしたいと描いているほど強くなります。

友達から恋人に発展するためのプロセスとしても、
自分に寄り添ってくれるかという要素は重要な項目なのです。
だからこそ、度量を見極めることによって、
前進するか後退してしまうかが決定づけられるのです。

欲しいのは場面に合わせた柔軟さ。
それこそがモテる・モテないの分かれ道。

最後の砦ともいえる協調性が磨かれている男性こそ、
モテる男としての地位を確立できるのです。