女性の気持ちは視線のマジックを熟知すべき


視線を分析しながら相手の心理を伺うことは、
モテるためには必須といえます。

11

相手の心を察知することができるようになれば、
どんどん積極的にいくべきか、状況を探るべきかがわかります。
「空気を読む」と最近では使われていますが、
場の状況を踏まえた行動は恋愛でも重要です。

特に、相手がどう思っているかを察知することによって、
恋に発展させることができるかが大きく揺らぎます。

まずはじっと相手を見つめてみてください。
その時のリアクションによって、自分への好意の有無がわかります。

見つめ合うということは、二人の関係を深めるには重要です。
もしも視線をそらせるのであれば、まだ攻める時ではないと考えるべき。
視線にすら気付かないというのは論外です。

じっと見つめ合うことができるのであれば、自分に興味がある証拠。

恋の始まりは視線の合わせ方一つで、判断できる。
そんなことが本当にできるかと疑うかもしれませんが、
実際に色々な女性と視線を合わせることによって、
自分への思いが見えてくるようになります。

緊張しているだけなのか、そもそも興味がないのか。
ワンチャンスの視線合わせて判断できる日も遠くは無いはずです。

4秒以上視線を合わせることができるということは、
性的な興奮を相手に与えることができるというデータが存在します。

かなり長いように見えるかもしれませんが、
相手が「なぁに?」と微笑みつつ見つめ合うことができれば、
その後の発展も大いに期待できるはずです。

好意が無ければ視線は合わせずに会話する方が心理的には楽なのです。
視線を合わせることによって、自分の本心を見透かされるのを防ぐため、
自分にとって都合が悪い状況では、視線を合わせることを嫌うのです。

視覚から訴えかける刺激というのは、
人が認識する上では重要な感覚です。

五感で感じるのではなく、視覚という一つの刺激から分析することで、
相手の心理を探ってみると、恋愛への発展率がアップします。
見極めのポイントになる視線合わせは、すぐにでも実践できるはずです。
まずは身近な人から試してみると良いでしょう。