好きから愛してるに変わる働きかけをする


「好き」という感情はことばにするのも簡単です。
日常的に「好き」とアプローチをかけることができるほど、
フランクなことばであると認識している人も多いはずです。

一方、「愛してる」ということばは、なかなか使うことができないはずです。
照れくさいという感情も邪魔をするかと思いますが、
付き合いに発展していない状況では使うのに抵抗があります。

しかし、「好き」という感情から「愛してる」という感情に転換させることが、
相手を仕留める一つのラインとなるのです。

好きな女性に対してアプローチをかけるのであれば、
相手に対していつも一緒に居たいという感情を抱かせる親密さをもたらすのが、
好きという関係からの脱出にも繋がります。

ただし、まずは「好き」というラインからスタートしなければならないということもあります。
そんな時には相手が自分に似ているところがあると思わせることによって、
類似性の心理から自分に興味を抱かせるのが大切です。

PWH44-01_PWH43-1

やり取りのスタンスをしっかり保つのも人気を決めるポイント。
相手に対する共感を行い、肯定的な表現で相手に返すことによって、
「話のわかる男性」というイメージがもたらされます。
自分の味方になってくれるような男性の方が、パートナーとしての魅力もアップします。

誰しも自分にとって助けになるような頼りがいのある相手を、
永遠のパートナーとして選択したいはずです、
恋愛のみならず、結婚を見越して出会いを考える年代に差し掛かると、
どうしても安定性を踏まえた人選をしたくなるのが女性の心理です。
その作用を巧みに利用することができるようになれば、魅力的な男性に見られるはずです。

アプローチをかけるかによって、「好き」から「愛してる」という感情が生まれるかは、
お互いの幸せに責任が持てるかで決まります。
是非とも、相手から「愛してる」と思われるようなスタンスを持ちましょう。

それだけでも恋愛成就の確立が数倍アップするのではないでしょうか。
働きかけを臆することなく重ねてこそ、感情の転換が促されます。