好意を持たれる質問の仕方


以前、このブログ内で無知は男性にとって、欠点になりうる
特に30代になってからの無知は…というような内容を書きました。

そして、それは“男性には頼りたい”願望のある女性からすると、
やはりあれも知らない、これも知らないでは話になりません。

ですが、こういう質問のされ方/頼み方なら、
聞かれる女性も嫌な気はしない…どころか、好意すら
持ってしまうかもしれない
、という方法がこちらです。

それは、質問する際にこの言葉を挟むのです。

質問する

「●●さんだから聞けるんだけど。」
「●●さんならこの分野は詳しいと思って。」

誰にでも聞いてるわけではないんだよ、
あなたにだから、聞いているんですよ。

そういうメッセージを含ませるのです。

すると女性からすると、言葉をそのまま取ってしまうので、
そうか私にだけ聞いているんだな、なら教えてあげよう!
と、なるわけです。ここで「そんなこともわからないの!?」とは、
中々思えないのだから、聞き方ひとつで不思議なものです。

さらに自分にだけ特別と捉えてしまうので、
それ以降あなたのことを意識してしまう可能性も。

そして、女性には母性本能、というものもあります。

こんな風に聞かれれば、そっか、
私が教えてあげなきゃ彼は困るんだな。
そう思って、いつも以上に親切に教えてしまいます。

質問する態度も、弱い感じで行くとただ何も知らない人に成り下がります。

でもここは(君と話したいからわざわざ君に聞くんだよ。)という意図を込めた、
堂々とした、でも少し甘えた態度で聞いてみてください。

するとその意味深さが相手の女性に伝わり、好意を抱かれる可能性が高いです!

言葉や言い方で、同じことを言うのも随分と印象が変わるのが興味深いですね。
せっかく同じ事を伝えるのであれば、少しでもいい男/モテ男を目指したいものです。