実は駄目だった?仕事より女性を優先させる男!?


「○○ちゃんのために、金曜日は休みを取ったから。」

喜ぶ女性もいるかもしれませんが、
こんなことをされても嬉しくない女性は大勢いるのです。

「女性と、仕事どっちが大切ですか?」

女性の前では勿論、
「女性です」と言える男性であってほしいのですが、
実際、女性は、自分たちの事よりも仕事を大切にして欲しいと願っています。
男性にとって働くことは、人生で最も重要なことで、
仕事での成功個人の価値に繋がるほどですね。
遣り甲斐を持って仕事をしている男性程、
仕事はまさに「命」といっても過言ではないのです。

女性から見ても、男性=仕事
というイメージを持っています。

「仕事のできる男性は、カッコいい。」

「仕事に手を抜かない男性は、
プライベートでもしっかりしている。」

「仕事に一生懸命な男性は、女性にも誠実である。」

こんな風に、
仕事と男性自身の価値は、
女性の考えの中で常にイコールとされているのです。

無題dddd

それなのに、

残業があった日にもかかわらず、

「同僚に任してきたから、今から行くよ。」

という、仕事に関して軽率な考えをしている男性は、
いくらそれが、女性とのデートの為であったとしても、
その時点で女性からの評価は下がってしまうのです。

女性の為だからと言って、仕事を投げ出さなくても良いのです。
もし、そんな事も理解してくれない様な彼女でしたら、
その女性といる限り、あなたは出世できないでしょう。
そういう女性は、ご自分から身を引く必要があります。

大切なことは、普段からご自分の仕事に関して、
彼女と何かしら話をすることです。
女性は、あなたが仕事で何をしているかを知らないから、
文句を言ったり、不満をこぼすのです。

「今日は仕事でこんなことをした。」

「今は、こういうプロジェクトに参加している。」

など、日頃からあなたがどのような仕事をしているのかを、
女性に理解してもらうことがとても肝心です。
それが分かれば、女性側も理解を示し、
不満をこぼしていたのとは反対に、

「頑張ってね。」

と、応援してくれるようになるのです。

勿論、極端に仕事にばかり熱中しているようでも、
女性に寂しい思いをさせてしまいます。
そうすると、女性は鬱になったり、
浮気に走ったりしてしまいますので、
あくまでも、デートは必ず毎週行い、
連絡もマメに取るように心がけましょう。

そして、あなたの仕事に関して、
女性も仲間に入れてあげましょう。

女性は疎外感を感じ、
孤立してしまうのを恐れています。
女性の仕事の話を聞いたり、
ご自分の仕事内容も話してあげる事で、
信頼関係を築き上げるのです。