寂しい時の埋め合わせはメールの返答から察するべき


モテる男は女性に対するアプローチが積極的です。
自分から行動することによって、多くの成功を手にしています。
モテない男は行動力にかけており、相手の心の動きに沿った言葉かけができません。
それが、出会いの機会を少なく狭めてしまうのです。

寂しい時は誰にでもあります。
しかし、それを埋め合わせることができるのであれば、一緒に居たいという気持ちも高まります。

couple talking

相手に恋愛感情を抱かせる一つのテクニックとしては、
心理的な面での充足を図ってあげられるメールを駆使することが、
離れていても繋がっているという錯覚を起こします。

メールは相手の就寝時間の把握から始まる

相手が寝てしまっている間にアプローチをかけたとしても、
相手の心を埋めることはできません。
可能な限り暇な時間を見計らってアプローチをかけていかなければ、
印象に残るやり取りはできなくなってしまうのです。

メールでのやり取りは、生活スタイルの把握から始まります。
「また、メールしてもいい?」という問いかけと併行して、
「いつも何時頃まで起きているの?」と聞くだけで、おおよその生活スタイルが見えてきます。

メールは節度ある時間でのやり取りこそ、魅力を与えることができます。
的外れな時間にアプローチをかけたとしても、空気の読めない人としか見られません。

何気ないやり取りに愚痴は入れないこと

メールでのやり取りで、相手が仕事の不満をぶつけてくることがあります。
それに対して真摯に応えることは重要ですが、自分が抱えていることを愚痴にしてしまうのは禁物。
相手を不快な思いにさせてしまう可能性があるので、
自分主体の話で、相手が楽しくない話題は意識して避けるべきです。

何気ないやり取りを行う場合には、楽しく過ごせる時間が大切です。
メールで憂鬱になってしまうような話題を持ちかけると、
モテる男ではなく、迷惑な人としか認識されなくなってしまいます。

そうならないためにも、話題の選択は慎重に行いつつ、
相手にたくさん話をさせるくらいのスタンスで臨むべきなのです。