心理学に溺れない人に合わせた柔軟性を養う


恋愛心理学をはじめとして、人の心を惹きつけるテクニックは無限に存在します。
当サイトでも多くの情報を掲載しており、モテるためのレッスンを支援しています。

しかし、こうしたテクニックも、使い方を誤ってしまうと意味がありません。
また、一度関係性がまずくなってしまうと、そこから回復するには多くの労力がかかります。

stock

可能な限り失敗のない出会いにするのが、モテるための最低条件となるのです。
ただ、現実にはいくら努力をしてもモテないという男性がいるのも現状です。

こうした男性は勉強熱心な反面、
型にはまり過ぎてしまうという傾向があるのかもしれません。

たとえば、視線で相手を惹きつけるテクニック。
これは恋愛心理学でも多くの情報サイトで紹介しているでしょうが、
果たして全てが当てはまるかというと、そうではないと感じる方も多いでしょう。

そうなのです。
恋愛心理学をいくら学んでも、その通りにいくとは限らないのです。

あくまで人の心の動きをとらえた学問であって、
100%の結果にはならないという点を踏まえておかなければ、
知識だけ知っていて、心を置き去りにしているということがあるのです。

「~したら相手はあまり良い気持ちにならないのではないだろうか?」と思うか、
「恋愛心理学ではこうだったから、~しなければならない」と考えるかで、
相手のことを考えての行動であるかに差が生じます。

これこそが、モテる・モテないの分岐点になるのではないでしょうか。
どれだけ心理学に対する知識を拡大したとしても、
相手に合わせて柔軟に使うテクニックを変えることができなければ、
実践的ではないと思いませんか?

策に溺れてしまうのではなく、あくまで相手があって何をすべきかを考える手立てとして、
たまたま恋愛心理学を参考にしたというだけなのです。

だからこそ、心理学という一つの知識を過信するのではなく、
相手に合わせた柔軟な対応を行うことが、
恋愛をつかみとるための条件であることを学んでほしいのです。