恋愛は短距離走であってはいけない


恋愛をするには根気が必要です。
それができない男性は、何らかの理由で別れを告げられることが多いのではないでしょうか。
モテる男は、相手の心を自分に引き止める魅力を持っています。
自分が長く寄り添っていたいと思うのであれば、意のままに相手の気持ちを繋ぎ止められるのです。

つまり、恋愛を長距離走のように、一定のペースで寄り添うことができるのです。

人は気分が移り変わるものです。
それでも同じ人と一緒に居られるというのは、ある意味大きな才能でもあります。

情熱的な恋をしたとしても、冷める感覚をしってしまうと、相手の魅力が半減します。
一方、じわじわとお互いの距離を縮めてきたような出会いは、
恋愛が成就したとしても、その後の関係は変わらないことが多いのです。

dd

恋愛は心の動きが大切。
でも、動いてばかりでは疲れてしまいます。

長距離を走っていられるような距離感がなければ息が詰まってしまうのです。
だからこそ、過度な干渉は禁物。
大人なのですから、ある程度の節度ある行動は尊重すべきです。お互いに。

心にゆとりがなくなると、相手の悪いところばかりを見てしまいます。
それがまさしく恋愛の短距離走なのです。
お互いに気持ちが惹かれあう時とは正反対の行動に出てしまうので、
「別れる」という選択肢に繋がるのでしょう。

逆に、心にゆとりを持って相手に合わせることを意識すると、
おのずと相手も自分を気にかけてくれるようになります。
実は、恋愛もギブ&テイクの関係が落ち着くのです。

だからこそ、長距離を走り続けられるような起伏の少ない距離を保つことによって、
結婚というゴールを迎えることができるのでしょう。

いつも短命に終わってしまう恋愛ばかりを体験しているのであれば、
寄り添うということを意識してみましょう。
尊重するのは自分はなくパートナーなのです。
それを忘れずに接することができるようになれば、恋愛の寿命も長くなるでしょう。
スローペースでも焦らずに寄り添うことこそ、モテる男の条件なのです。