意外性を持つことがモテる基礎となる


誰もが考えるイメージから逸脱した一面があると、魅力的に見えることがあります。
恋愛心理学の観点からも、意外性があるというのは、
人としての魅力を高める要因があると分析しています。

ギャップがあるとマイナスに感じるかもしれませんが、
思っていたイメージと違ってプラスの意外性を有していれば、
モテる男の条件としては申し分のない印象をつけることができます。

23

コワモテなのに動物や子どもが大好き。
馬鹿そうに見えるのに英語がペラペラなど。
見た目の印象と中身のギャップがあるということは、
自分の見ているものが全てではなく、まだ他に見切れていない点があるという思いが、
女性にとっては湧き上がってきます。

これが異性への興味に繋がることは少なくありません。
むしろ、もっと相手のことを知りたいという好奇心が、
恋愛感情へと移り変わる可能性も出てくるのです。

意外な面を見せることによって、存在価値を高めることは非常に効果的。
自分の中で勝手に描いていたイメージが真のものではないとわかったときに、
先入観を捨てて奥深くを知ることによって、
自分が理想とする人に繋がるかもしれないという期待すら生まれてきます。

はじめからイメージにハマッている人に比べて、
意外性がある方がモテる確立は数段アップします。

その見せ場は、ある程度イメージが固定してきた頃に見せるのが魅力を増します。
はじめから奥の手を見せてしまっては、意外性が薄れてしまうのです。

出し惜しみをしてこそ意外性の魅力がモテる基礎となるため、
そろそろ見せるべきだろうというタイミングを図るのが大切です。
見せる場面によって、一気に勝負をかけることができることもあるからです。

意外性を持たせるためには、身近な人に自分のイメージを聞くことによって、
はじめから見せておくべき部分と、隠しておくべき部分の線引きを行ないます。
自分自身を知ることによって、恋愛に向いている部分を見せることは、
成績アップへの近道にもなるのです。

意外性を生み出すためには、ギャップの落差についても考えるのが重要です。