成長力は失敗からの学習によってモテる力になる


人が成長するためには失敗談からの学習が重要です。
モテるためにも自分に何が足りないかを分析することによって、
次の恋愛をより良いものにすることができるようになります。

48_original2

短命であっても人との出会いは自分自身を成長させるエッセンスが満載。
大人の男性として魅力的なイメージを作るためには、多くの場数を経るのが必要なのです。

企業が良いサービスを生み出すためには多くの失敗から得るものが多く、
PDCAサイクルという手法を用いて行うことも多くなっています。
管理業務の遂行にも好んで利用されるこの方法は、モテる男のためにも役立ちます。

人としてのPDCAサイクルを回す

PDCAサイクルというものは、生産管理や品質管理などに用いられる手法。
PはPlan(計画)を指し、実績などを元にして今後の計画を立てる行為。
DはDo(実行)を指し、計画に沿って物事をこなす行為。
CはCheck(評価)を指し、計画通りに物事が進んでいるかを確認する行為。
AはAct(改善)を指し、計画にそぐわない部分を確認して対応する行為。

図1

この4つの段階をグルグル回すことによって、自己の改善を図ることが、
人としての魅力を高めるきっかけを作りだすようになります。

人としての魅力を得るためには、問題となっている部分の改善が一番。
振られた原因がはっきりしている場合には、次の出会いの際に気をつけるべきポイントになるのです。

相手にマイナスのイメージを与える要素を刈り取ることによって、
イメージアップを図ることも容易になります。
成長力を養うことができる出会いは日常の中で多数存在するはずです。

自分自身を成長させたいと思っているのであれば、PDCAサイクルを回してみましょう。
自分なりの計画に沿ってどのように行動すべきかがわかれば、
魅力的な武器を手にすることができるようになります。

30代の男性としての魅力をどのように打ち出すかは、
多くの改善の中から自分らしさを得ることが、モテる要素にも繋がるのです。
そのための失敗は恐れずに、飛び込む信念が必要。
「当たって砕けろ」の精神で貪欲に出会いを求めることが、モテるきっかけ作りになります。