手土産一つであなたのセンスが決まる


手土産は、しばしば世渡りの知恵として、
多くの場面で使われますね。
安倍首相がアメリカのオバマ大統領に
ゴルフのパターを手土産として持って行った事は、大変話題になりましたね。
プライベートだけではなく、このような交渉の際にも、
手土産はいわば一つの策略として、人の心を突くのです。
ビジネスで手土産を持っていく事は、もはや一つのマナーかもしれませんね。
皆さんは、手土産にどんな物を持って行きますか?
その人の心遣い、そしてセンスが現れるのが、この手土産ですよね。

imagesCADHT0IL

私自身は、仕事絡みで手土産を持って行く際には、
まず相手の顔を思い浮かべます。
初めてお会いするのでない限り、だいたいお相手の好みが分かるものです。
大抵の場合、会社の皆さんで分けて食べれるような、
小分けになった菓子折りを持って行きますが、
それではあまりインパクトがないですよね。
デキル男は、手土産一つで自分を印象付ける戦略家なのです。
では、相手の心に残りやすい手土産とは、どんなものでしょう。

心に残りやすい手土産とは、インパクトのある物、
そして、その場で開けて食べられるような物ではないでしょうか。
例えば、出来立てのパンだとか、ドーナツだとか、
温かいうちに食べると美味しいものがお勧めです!
温かいものだと、「冷めないうちに!」と思うので、
訪問してからすぐに食べて頂いたりと雰囲気を和ますことができます。
交渉するのに、この雰囲気を和ます事は非常に大切ですよね!
すぐに食べられる物だと、アイスだとか、スープもいいかもしれませんね!
どうしても、何重にも包装された菓子折りは、
食べるまでが面倒で後回しになってしまいますし、
珍しさがありません。
ちょっと他とは違ったインパクトが欲しいのであれば、
この様に意外なものを持って行くのもアリかもしれませんね!
他とは違った、センスの光る男性として目を惹くことでしょう。

laughing-man-and-woman

女性とプライベートで会う場合の手土産は、
二人で食べられるようなものがいいですね!
待ち合わせの駅の構内で、
女性が喜びそうなドリンクや、スイーツを探してみてください!
デートの最中に食べ歩きできる様なものがいいですよ!
例えば、意外性で言えば、冬の時期は焼き芋が売られていますね!
焼き芋を一つ買って、半分にして食べるのも、とても親密な気がしませんか?
女性が食べ物を頬張る姿ってとても可愛らしいと思いますし、
女性から見ても、男性が食べ物を頬張る姿は、
あどけなくて、何だか魅了されてしまうのですよ。
半分にするって、愛情を分け合うみたいで、とてもロマンティックだと思うんです。
あなたは、どう思いますか?

何か一つ、あなたのセンスが輝く手土産を見つけてみてください。