日記は自分を振り返るための重要な資料


ブログを書くということは、何気なく取り組んでいるかもしれませんが、
モテるための法則を見つけるときにも役立ちます。
自分はどのように立ち振る舞うと、周囲の注目を集めることができるかを学ぶことで、
自分なりの勝ちパターンがわかるようになるのです。

これは、芸能人としても人気を集めていた島田伸助が実践していたことも、
自身の「自己プロデュース力」という著書で語られています。
自分なりの法則性を見極めるためには、曖昧な記憶では不十分です。

確実に成果があがった方法を貯めておくことこそ、
勝負どころでモテる秘訣を得ることができるのでしょう。couple

日記をつけるというのは、他人に見せるものではありません。
友人を増やすためにつけるものとは分けて考えると良いでしょう。
つまり、自分の行動を記すだけであって、公にする必要はないのです。
なんせ、自分がモテるためだけに使うものなのですから。

人の心をつかむというのは、その人のセンスが色濃く出た結果、
惹きつけられるという現象が起こるのです。
一種の化学反応みたいなものなのです。

つまり、どのようにして相手の心に変化を与えるかが、
本人の魅力を高める要素として膨らむのです。

まずは自分がモテていた時代を振り返ってみましょう。
その分析を行うことによって、「どうしてモテたのか」がわかります。
自分らしさを発揮することはもちろんのこと、
相手に嫌な思いをさせない魅力を振りまくことが、
心をつかむという行動へと繋がります。

自分の日記をつけることによって、アクセントをつけるポイントがわかります。
自分らしさを発揮しつつ、魅力を見え隠れさせることは、
相手にとって興味を惹くポイントとなるのです。

上手なアクセントをつけることができる人ほど、女性にモテる傾向があるのです。
そのきっかけは、自分自身で分析することでも養えるのです。
だからこそ、記録と称して日記をつけることは、モテるためのエッセンスとなるのです。

毎日少しのエピソードでよいので、人と関わった場面を抽出すると、
意外な一面が相手に受けていることがわかるかもしれません。