最低限は知っておきたい食事のマナー


女性とのデートが実現できたとしても、そこでイメージダウンをしてしまっては、
せっかくのチャンスを台無しにしてしまいます。
スマートな立ち振る舞いができてこそ、モテる男になるのです。

asasa

食事は相手に対してイメージがプラスに向くかマイナスに向くかの瀬戸際です。
基本的なマナーを心得ておくのはもちろんのこと、
相手を立てるという余裕を見せることができてこそ、大人の魅力が引き立ちます。

食事のセレクトは十分な下調べをすべき

デートだからといっておしゃれなお店に行くというのが一般的ですが、
一度も訪れたことが無いようなお店に行くのは危険です。
できれば一度でも利用して雰囲気を知っておくのがベスト。

お店の接客や料理のクオリティーなど、口コミではわからないこともあります。
じかに確認して「利用できる」と思えるようなところの方が、
安心して時間を過ごすことができるのです。

相手が安心して過ごせる演出を施したいのであれば、食事のセレクトは重要です。
ぬかりないほどリサーチをかけておくのがポイントです。

会計のマナーも心得ておくべき

全ての女性が相手にお金を払わせたいと思っているわけではありません。
特に同じ年代や年上の場合には、かえって気を使わせてしまうこともあります。
しかし、デートに誘ったのが自分であれば、その時の食事代は持つべきです。

気を使わせないようにするのであれば、その後のタクシー代を出してもらうか、
もう一軒お誘いをして、次の店で折半するとスマートです。

デートに誘った手前、しっかりお金の使い方でもアピールすることが、
人としての魅力を拡大する結果を招きます。
羽振りが良すぎて迷惑をかけない範囲であれば、
できるだけ相手を立てるような支払いを済ませるべきです。

全ての立ち振る舞いが次のチャンスを作る

女性とのデートがどうだったかを振り返ったときに、
相手が次の約束に応じてくれる場合には、トータル的に成功とみなすべきです。

まずは次のチャンスをもらえたいうことは、
自分の魅力を更にアピールするチャンスをもらったと考えるべきです。