本能をかきたてる香りを味方につける


人は動物的本能が働くことによって、印象を強めることができます。
人との出会いを重ねることによって、印象的な機会は誰しも感じるはずです。
その際に残る印象は、人の五感を通して得られるものなのです。

視覚的な印象が記憶に残るというのは一般的。
だからこそ、ほかの感覚を駆使して印象に残すことが、
モテる男としてライバルを出し抜くきっかけになるのです。

身なりが良かったり、イケメンだったりするだけでも得はします。
しかし、自分に相当の自信がなければ望めない条件です。

だからこそ、嗅覚に訴えかけることによって、
ほかの人とは違った印象を残すことが重要になるのです。

42

香りと言ってもマイナスになるようなものもあるため気をつけなければなりません。
不潔で臭いを発するというのは問題外。
本能をかきたてる香りは、ほのかに香る良いものであるべきです。

ファッションにあまり気を使っていない場合には、
香水を身につけることは少ないはずです。
いつもと違った魅力を簡単にアピールするのであれば、
新たに香水を身にまとって出会いのチャンスに出かけてみてはいかがでしょうか。

女性は会話の糸口をいつも探っています。
フリートークで色々な側面から相手の魅力を探るものです。

さりげなく、仕事からまっすぐ出会いの場に来たとしましょう。
それが会話の中に盛り込めたときに、「汗臭くてごめんね!」というだけで、
女性はおのずと臭いに意識が向くようになります。

その時に香水のほのかな香りが鼻をくすぐると、
細かなところにも気を配っているという意識が頭によぎります。
どんな香りだったかが容易にイメージできるということは、
その人の顔や仕草、話した内容を思い起こすには容易となるのです。

どのようなイメージを刷り込むかによっても、
単なる出会いから恋愛に発展する割合は飛躍します。
いかにしてイメージできるポイントを与えるかが、
モテるチャンスを膨らませるのです。

人のイメージは自分で思い起こせばわかるように、
五感を通して印象を刻みます。

視覚や聴覚での記憶のみならず、嗅覚を使うことによって、
ライバルとは違った印象を抱かせることができるはずです。