気になる存在になるための行動


なかなかモテないという印象を持っているのであれば、行動分析をすべきです。
相手に印象を残すことができていないからこそ、満足のいく結果になっていないのです。

では、相手にとって気になる存在になるためには、どのような行動をすべきでしょうか?

couple-party-games

その答えは、相手の心理に寄り添った行動が、結果を示してくれるのです。

アプローチは自分から

相手のアプローチを待っていても、良い出会いはなかなか訪れません。
貪欲に自分からアプローチをかけることによって、変化を起こすことができるのです。

ただし、仕掛けるのは自分であっても、
相手の行動を踏まえた良い受け手になることによって、イメージを残すことができるのです。

恋は駆け引きが重要。

その言葉の通り、常に押しの行動に出るのではなく、
引くポイントを踏まえたやり取りをしていかなければ、ウザい存在になってしまいます。
モテる男はつかず離れずの距離感を保つのが上手なので、
アプローチ後にどのような行動を取るべきかが明確にしています。

メールやSNSは上手に活用

繋がりをどんな環境でも与えてくれるのがメールやSNSの存在です。
ちょっとしたことであっても気軽に行動に移すことができるため、
相手に対してこまめにアピールすることができるのが、現代の利便性にも繋がっています。

しかし、相手の生活環境を考えたアピールをしなければ、
これまたウザい存在として扱われてしまうのです。
上手に利用することは大切であり、依存しすぎないという点に配慮すべきです。

相手からの返事が無いのに何度もこちらから立て続けにアクションを起こすのは危険。
相手の出方を確認しながら、距離を縮めるのがポイントです。

謙虚に直接聞くのも魅力的

最近はメールやSNSが流行りとなっており、直接話すということが少なくなっています。
しかし、新密度をアップさせる要因としては、直接的にコンタクトを取ることも重要です。
会話というのは印象に残りやすいため、「ちょっと話しても良い?」といった具合に、
気軽に話すことができる印象を与えることは、モテるための秘訣でもあります。

謙虚に知らないことを聞くというのも重要です。
相手が発信しているSNSに寄り添って、「聞く」ということを重ねると、
新密度はどんどん高まります。