甘え上手な男性はモテる傾向アリ


男性として考えると、自分が主体的に女性を引っ張るというのが、
男らしさを存分にアピールすることができるのではないかと考えます。
確かに、頼りがいのある男性として評価されることも少なくありません。

普段はこうした頼りがいによって引きつけることができますが、
その逆にあたる「甘える」という行動を上手に使うことによって、
新たな魅力を異性にアピールすることができるようになります。

couple-party-199x300

甘え上手な有名人としては、直木賞の元となった、直木三十五という文学者が残した
「甘え上手になるべき」という言葉の裏には、
日本では当たり前のように行われてきた亭主関白の時代に、
許された人にだけ本当の自分を見せることの魅力を上手に活用した男性が、
世の女性から絶大な人気を集めていたという功績が物語っています。

意外性のある人は魅力的とされる傾向があります。
「甘える」という行動も、ある意味意外性の一つです。
本来は強面に見えるような人が、ふとした瞬間に違った一面を見せる。
そんな意外性があるというのは、人の本質を知りたくなる魅力となります。

全てがわかると、異性としての魅力が半減してしまう場合があります。
意外な一面は最後のひと押しに利用するようなスタンスを持つことによって、
惹かれるポイントに使うことは誰でも可能です。

人に頼るということは、お互いの仲を深めるきっかけにもなります。
ちょっとしたことでも甘えて頼ることで、女性の母性本能をかきたてることが、
異性としての意識に繋がる可能性は十分考えられます。
お互いに足りないところを補てんし合えるような仲になれば、
一生のパートナーとしてのイメージも具体的になるのです。

しかし、甘えてばかりではモテない男になってしまいます。
いつもは周囲からも頼れるような行動力がある方が、
男性としての強さをイメージさせることができるのではないでしょうか。
少なからず、「甘える」という一面が周囲に意外と思われるような人間性があると、
インパクトを与えることができるはずです。