男女問わず大人気「愛想のいい男」


「無口で感情を表に出さないような男が、
どこか渋くてカッコいい」

このような時代も確かにありました。
ですが、この様な男性も、現代で言えば、
「無愛想な空気の読めない男」なのです。

このように男性の「魅力的」と呼ばれる定義も、
流行があるかのように、時代とともに変化してきました。
ミステリアスな男性が注目を集めたり、
草食系や肉食系男子と部類された人たちが
人気を集めてきたのです。
ですが、それらも不確かなものであり、
色々なモテ男メゾットがある中で、
男性は何を信じたらいいのか、
もはや混乱に近い状態なのかもしれません。

そんな時、
男性にも、女性にも共通して好かれるタイプで居続けるのが、
一番賢い選択なのではないかと、ふと思いました。

iStock_000015824429XSmall

それは、「愛想のいい男」で居る事ではないでしょうか。
やはり、今の時代無愛想な男性は、結局人を遠ざけ、
人間関係も入口から閉ざしてしまっているのです。
誰に対しても平等に愛想のいい男性は、
女性から見ると、誰かを特別扱いしているわけではなく、
その素朴な温かみのある人間柄が非常に魅力的なのです。

では、どうしたら愛想の良い男性を演じられるでしょうか。

まず、身近な人への「挨拶」から始めてみてはいかがでしょうか?
自分から声をかけなくても、明るく元気に、
「おはよう!」「お疲れ!」
と、言葉をかけてくれる男性は、
とても明るく親しみやすいですね。
明るい人を嫌う人は、いないと思います。
その明るい挨拶と、笑顔があれば、周りの人も自然と
「愛想のいい奴だな。」
と、思うはずです。

また、感謝する心を忘れないことも大切ですよ。
「ありがとう。」
と、声にだして沢山の人に伝えましょう。
一度、一日に何回「ありがとう」と言えたかどうかを、
カウントしてみるといいですよ。
人に感謝できた回数を知ることで、
「こんなに人に恵まれて生きているんだ。」
と、幸福なご自身を知るキッカケにもなります。
そして、それと同じ数だけ、
あなた自身も、周りの人を助けてあげられることでしょう。

愛想の良い男性になることは、
決して難しいことではありません。

是非、今日からでも試してみたらいかがでしょうか?