男性が勘違いしやすい色気の本質


ワイルドな肉体や、
パフュームの香りだけが、
男性の色気ではありません。

男性の持つ自信は、
精神面だけではなく外見にも自ずと表れてくるのです。
色気にも、「下品な色気」と「品ある色気」があると思います。

下品な色気は、パフュームを付けすぎたり、
ボタンを胸まで開けたり、
チョイ悪を演じようとした時に見え隠れしています。

品のある色気からは、男性の落ち着きが感じられます。
また、その落ち着きは、男性自身の自信の表れであるかのように、
男性全体の雰囲気を覆っています。

パフュームの香りも、胸元の開いたシャツも、
特別なヘアスタイルも必要ではありません。
その「落ち着いた雰囲気」が、
女性が最も欲しい男性の色気なのかもしれません。

よく、ミステリアスな男性は、
危ない香りがして色っぽいと言われます。
確かに、女性から見て、明るい男性よりも、
ミステリアスな雰囲気を持った男性の方が、
真の姿が見え隠れするスリルがあり、
それが大変セクシーに女性に映ることがあります。
ですが女性は、
男性がいつまで経っても心を開いてくれないと分かれば、
いずれあなたの元を去っていきます。
ミステリアスな男性は、
女性を魅了することはできても、
女性を幸せにすることはできないのです。

もし、ご自身の恋愛の目標を
「女性を幸せにすること」
とするのであれば、
駆け引きはやめて、
女性にありのままのご自身を見せた方が、

女性にとっては、幸せだと言えます。

ですが、恋の駆け引きを楽しみ、
沢山の女性を魅了し続けたいのであれば、
そんなミステリアスな雰囲気を利用するのも、
一つの恋愛メゾットだと言えるでしょう。

imagesCA7V0QHW

しかし、大人な男性であれば誰もが意識してできるのが、

「落ち着きを持つこと」です。

・行動に落ち着きを持つ

・話し方に落ち着きを持つ

・歩き方に落ち着きを持つ

・ファッションに落ち着きを持つ

などがあります。

この「落ち着き」は自ずと「色気」へと、繋がっていきます。
この無意識の状態で出される色気こそ、品ある真実の色気なのです。
意識的につくられた色気は「下品」であり、偽物です。

男性にしてみても、女性の色気は、
飾らない真実の部分が見えた時に感じるものだと思います。
セクシーに胸を強調する服や、パンティーの見えそうなスカートは、
色気にはほど遠い、自分の安売りなのです。

男女で色気の観点は異なるのかもしれませんが、
無意識のうちに見え隠れする「色気」こそが、
作り物ではない、本当に異性を虜にする魔法ではないでしょうか。