相性の不一致を感じさせない寄り添いが長続きには大切


恋愛が短命で終わってしまうという場合には、それなりの原因があります。
特に、燃え上がるような熱愛の時期を経て、
少し時間が経過してから分かれる傾向が多いのであれば、スタンスを見直す必要があります。

相性の不一致は、恋愛の別れを告げるサインでもあります。
ただ、人は一人として同じ性格を有しているわけではありません。
少なからず相性の不一致が存在するのです。
ただし、それをそのままにするのではなく、お互いに寄り添おうと思い努力することが、
お互いの絆を深める結果となり、愛し合える存在になれるのです。

imagesd

相性の不一致によって別れに至るのは、彼氏・彼女の関係だけではありません。
夫婦であっても修復できないほどの溝ができてしまえば、離婚という道を歩むことになります。
出会ってから結婚までの期間が短いケースは、性格の不一致が見えないままに結婚に至ります。
それが後に仇となることも十分あるからこそ、恋愛期間というものが必要とされているのです。

これから一人の異性を愛し続けるためには、溝を生まない立ち振る舞いが必要です。
多少の違いはあるにせよ、お互いを尊重し合える関係がなければ、
長続きは難しいと思っても間違いではありません。

努力次第で寄り添いは誰でも可能

意固地になっていないで、相手に合わせることができるのが大人の男性です。
どうして30代の男性がモテるかというと、数々の人生経験の中から、
適切な寄り添いができるようなスキルを手に入れているからではないでしょうか。

努力次第で寄り添いは誰にでも可能です。
仕事でも人との付き合いを構築しているはずです。
それを恋愛に置き換えるだけで、歩み寄るという心理は確実に生まれます。

自分の努力が足りなければ、別れに繋がってしまうのが恋愛。
相手を繋ぎとめたいと思っているのであれば、相手に近づく気持ちが重要です。
メンタル的な繋がりこそ、安定を誘発するものです。
可能な限り相手に歩み寄るという姿勢を見せることが、長続きの秘訣となります。