相手の好意を見抜くことができるテクニック


モテるためには、自分がどのように思われているかを察知する必要があります。
いつまでも脈がない女性とのやり取りを繰り返しても、
状況が好転することは非常に少ないのです。

ですから、ある程度の見切りをつけることができるようにならなければ、
自分に振り向いてくれる女性を見つけられることはできないのです。

cou

では、どのようにして自分に対する感情を察知するのでしょう。
それは、好意の度合いをチェックするということが良いのです。
あなたに対してどのような感情を抱いているかがわかるようになると、
攻めるべき人物であるかがわかるようになります。

恋愛心理学でも好意についてのポイントを押さえた方法で、
自分に対する思いを知るという視点があります。
まさにそのポイントを知っておくべきなのです。

相手の好意を知るポイント

相手が自分のことをどのように思っているかを知るポイントがいくつかあります。
その1つが自分との会話に対する記憶力です。
自分が話した内容がどれだけ覚えていてもらえるかを確認することで、
好意の有無を知ることができるのです。
何気ないやり取りでもしっかり思い起こして話してくれるということは、
自分との時間が記憶として刻まれている証拠なのです。

相手の態度を見るlのも好意を見極めるポイント。
特に、姿勢に注意を払い、自分の話をしっかり聞いてくれているかを確認すべきです。
何かをしながら聞いているようでは、あなたの話の重要性は低いのです。

さらに好意を考えるのであれば、自己開示的であるかを知る必要があります。
あなたが相手のどこまでを知っているかによっても、打ち解けているかが判断できます。

会話の中で好意を知るポイントも存在します。
それは、会話の割合です。
自分の発言に、相手が多くのことばを投げかけてくれるのであれば、
会話の内容をしっかり聞いていることになります。
自分が聞き手にまわるくらいのやり取りの多さがあれば、
相手はあなたに好意を抱いているかもしれません。