相手の経済状況を踏まえた自分の行動を考える


当サイトでは、お金の使い方についてを何度か取り上げています。
やはり、モテる男はお金の使い方で人を惹きつけることができるため、
内面に備える魅力の一つとして磨き続けることが推奨しています。

ただ、立ち振る舞いの技術が伴ってこそ、
自分の置かれている状況を加味したモテる男の演出ができるようになるのです。

今回は、相手の状況を踏まえて、自分がどのように行動すべきかの一考察をご紹介。

2c3f

相手が自分よりも年下の場合

相手が自分よりも年下の場合には、積極的に相手の負担を軽くするのが良いでしょう。
特に、学生を相手にしているのであれば、
デートの費用は男性側が負担するというスタンスで問題ありません。

毎回のデート費用が負担になってしまっては、
せっかく自分への魅力に気付いて欲しくて誘ったとしても、
返答にしぶるという結果を招いてしまうかもしれません。
このような状況にならないためにも、30代としての魅力を経済力から見せるのも良いでしょう。

ただし、費用負担をしたという事実を相手に後ろめたいものにしないためのことばかけが、
モテる男のテクニックとなります。
何らかの理由をつけて、相手の分を負担したという結果にするのが良いでしょう。
「自分から誘ったから、これぐらいさせて」というように、
相手を敬いながらことばを発するのが重要です。

相手が同じ歳や年上の場合

ある程度経済力があって、独立した生活を送っている相手であれば、
デートの費用は折半でも構いません。
可能であれば、少しだけ自分が多めの負担をして、
さりげなく相手の差し出した金額から気持ち程度財布に戻してあげるのが、
粋な男の計らいとなります。

あくまで経済力を前面にアピールするのではなく、
相手を思っての行動であるように悟ってもらうのが、
お金の価値観でズレを生じなくするためのポイントになるのです。

特に相手が看護師など、専門職でバリバリ働いている場合には、
たまにご馳走するというぐらいのスタンスで十分という女性もいます。

相手の状況を踏まえたうえでどのように立ち振る舞うかは、
個人のインスピレーションが大きなカギとなるのです。