第一印象はほどほどに・・・?!


合コンや、女性との初デート。

「相手に与える第一印象が、とても大切だ。」

という様に言われますね。
第一印象で、「また会いたい」と思わせるためにも、
とびきりの印象を相手に与えたいと思うでしょう。
そして、自分自身も第一印象が魅力的な相手とは、
交際を続けたいと感じますよね。

ですが、
あまりにも第一印象をパーフェクトに持っていきすぎると、
逆に危険なのです。
何故だか分かりますか?

初めから完璧に答えの分かっているクイズを、
誰も解きたいとは思いませんよね。

人間関係も、相手を探り、
知っていく過程に面白さがあります。
ですが、どうでしょう?
初めからパーフェクトな印象を与えてしまえば、
それを継続できない限り、あとは下り坂です。
パートナーは、交際が進むにつれ、
あなたに隠された悪い所ばかりに目がいくようになり、
第一印象では、気が付かなかった溝が見えた時に、
「期待はずれ」の結果を生むことになってしまうのです。
付き合いを始め、会う回数が多くなればなるほど、
それは見えてきてしまうものです。
パーフェクトな印象をキープするなんていうことは、
まず、できないでしょう。

ですが、これとは反対のパターンにより、
交際に繋がった人たちの話を良く耳にします。

「初めの印象は悪かったけど、
徐々に好感を持つようになった。」

というカップルです。
結婚を決めたカップルに、
定番である「お互いの第一印象は?」
という質問をすると、
特に素晴らしい回答は返ってきません。
何気ない、別に普通な印象ばかりです。

imagesCAP2A7LR

私自身も、お付き合いした男性の第一印象を思い出すと、
決して良いものではありませんでした。
ですが、そこから、どんどん相手の良い面が見えてくるという
素敵な感覚に出会ったのです。
「どんどんガッカリしていく」のではなく、
「どんどん好きになる」ことができたのです!

第一印象は、勿論大切ですが、
ほどほどに印象付ける程度で十分だということです。
最初は、目立たなくて良いのです。
後で相手をガッカリさせてしまう結果にならない様に、
焦ってはいけません。
徐々にあなたの魅力を伝えていけるのが、ベストでしょう。