第三者を利用した意中の相手との距離を縮めるテクニック


意中の相手との距離を縮めるためには、
できるだけ多くの味方を引き入れることも重要です。

rent-a-black-friend-picture-new1

特に友人や職場関係など、ある程度の回数でコンタクトが取れるのであれば、
第三者を上手に活用する方法を知っておくべきです。

話してから直接的に相手に向かって思いを伝えるのではなく、
他の人に打ち明けることによって、間接的に内容を伝えるというのが、
間接話法という方法になります。

英文法でも直接話法と間接話法が存在します。
ここでは日本語訳で表現しますが、

「あなたのことが好きだ」と彼は言った。(直接話法)
彼は昨日、「あなたのことが好きだ」と言った。(間接話法)

このように、直接彼の口から話を聞いたのか、
第三者が彼から聞いたのかという違いがわかります。

直接的に思いを伝えることも重要ではありますが、
まずは外堀からアプローチをかけることによって、
相手に意識を向けさせることが重要です。

モテる男はさりげなく、内からも外からもアプローチが可能です。

コミュニケーションテクニックを知っておくだけでも、
労力を割くことなく、意中の相手の心をつかむことも不可能ではありません。

好意を抱いているということは、人として嬉しいのは当たり前です。
自分の存在を肯定してくれるという人が居るということは、
自分自身の尊厳に対して同調してくれるということに等しいのです。

一緒にいたいと思えるような存在であることが、
恋愛が成就するきっかけとなります。
やがては家族として見ていけるようになることも望まれます。

間接話法は意中の相手とコンタクトを取る頻度が強いキーマンを選択し、
自分の思いを会話の中に無理込むことによって、
伝聞させる力を宿すことができます。

なかなか自分では誘えないという奥手な方にとっては、
他人の力を少しだけ借りながら前進することが、
ゴールを引き寄せるためのカギになることも十分考えられます。

魅力的な出会いを助ける手法の一つとして、
間接話法はテクニックとしてもっておくべきです。