結婚ソングから学ぶ恋愛に対する考え方


お互いに愛し合うためのプロセスは、人それぞれ。
でも、「こうなりたい」と思えるようなエピソードを学ぶことによって、
自分が理想とする恋愛のパターンを探ることができます。

今回は結婚ソングから学ぶことによって、ゴールを見据えた環境作りを考え、
モテる男に必要なものについてを分析します。
結婚するということは、ある意味一つのゴールにたどり着いた証拠です。
そこから新たなスタートを切ることになるのですが、永遠の愛が続くようにと、
お互いに心にとめる瞬間であるはずです。

最後の恋となるように祈る割合が多い女性。
特に30代の男性と付き合うということは、そうなりたいと願っているはずです。

C&Kという男性2人組みのアーティストが奏でる「ぼくのとなりにいてくれませんか?」、
とても男性とは思えない澄んだ声が印象的です。
PVもお笑い芸人インパルスの堤下さんが出ているのですが、
決してお笑いの要素は入っておらず、結婚式に流したくなるナンバーです。

C&K「ぼくのとなりにいてくれませんか」

さて、今回は「ぼくのとなりにいてくれませんか?」から、
恋愛の最後にふさわしい心構えについてを考えます。

相手に最後の恋に思わせるのは重要

何度も別れに繋がるような恋愛よりも、結婚へと向かうような恋愛を誰しも望みます。
だからこそ、お互い惹かれあい愛し合うのです。
女性にとっては、守ってもらえる安心感と生活がそれなりに楽しく過ごせるエッセンス、
経済的な面での不安が無ければ、結婚相手としての最低条件はクリアになるはず。
あとは、月日が経っても愛されていると感じられるようなイメージが大切です。

IMG_0161-2

そばにいるだけで幸せに感じられるようなかけがえのない時間を過ごせるのであれば、
最高の恋であり、一緒に生きていきたいと思うのではないでしょうか。

C&Kが描く恋愛をテーマにした楽曲は数多くあり、色々な設定が成されています。
その中でも、「ぼくのとなりにいてくれませんか?」は、
恋愛を形にするための一歩を後押ししてくれます。

是非とも、最後の恋を考えているのであれば、
想いを形にする努力をすることによって、最高の幸せを運んでみてはいかがでしょうか。