翻訳ミスから生じる女性への勘違い


男女は元々性質の全く異なる生き物ですから、
思考も価値観も異なります。
男性としてみれば、善意で言ったことでも、
女性側の解釈では正反対の意味として翻訳されていることがよくあるのです。
いくら、同じ言葉を話していようと、
男女の根本的な性質に違いがあれば、それはまるで外国語のように、
誤解反感を生むきっかけとなるのです。
いくらモテる男性でも、女性にならない限り、この女性心の細かい事までは、
分からないかもしれません。
ですが、少しでも女性の気持ちを翻訳ミスしないように、
女性たちの本来意味した気持ちを知る事ができれば、
女性から、グッと信頼される良好な関係を育む事ができます。
あなたは、女性の気持ちを間違って解釈していないか、
チェックしてみてください。

翻訳ミス

例えば、女性がこんな事を言った時

「もう色々と疲れちゃった。何もやる気が起きない。」

あなたは、どう解釈しますか?

「僕の能力じゃ不十分なのか。
僕はこんなに頑張っていても弱音は吐かないのに、
僕に一体何をしてほしいんだ。
今の僕では、彼女を満足させられないというのか?」

などと、勝手な妄想をしてしまうかもしれませんね。

ですが、女性の気持ちはこうなのです。

「すごく疲れたけど、あなたがいるから幸せ。はやく抱きしめて癒してほしいわ。」

と、ただ男性に甘えたいだけなのです。

次は、どうですか?

「会社の上司が恋人と3泊4日のハワイ旅行だって~。」

という女性の一言に対して、どう思いますか?

「僕に連れて行けというのか?
今の僕との関係では満足できなくて、
もっとお金持ちの男だったら良かったと、後悔しているに違いない。」

こんな風に解釈してしまいませんか?

ですが、女性は内心あなたの事を思いやっています。

「いつも頑張り屋さんなあなた、
上司だってたまには息抜きをするのよ。
あなたも、頑張り過ぎないで
たまには、二人で休暇が取れたらどんなに素敵かな。」

決して、あなたという人間性を非難している訳ではないのです。
むしろ、心の中ではあなたを自分の事の様に大切に思いやっています。

こうした間違った解釈は、男女間にヒビを入れてしまいます。
どうでしょう?
女性の本当のやさしさを汲み取れるような男性を、目指しませんか?