聞き上手はモテるための最低条件


話を聞かないというのは、
人とのコミュニケーションを図るための弊害となります。

できるだけ円滑にコミュニケーションが取れると、
深い話を相談するにも最適です。

楽しい話だけでなく、まじめに考えなければならない時でも、
しっかり対応してくれるよう菜柔軟性があると、
おのずとモテる男としての魅力を高めてくれます。

まずは多くの情報が必要になる出会いのためにも、
十分な会話力が必要です。

しかし、なかなか自分から話題を作ることが難しいという男性も、
世界的に存在するのは事実です。

communication3

だからといってあきらめてしまっては、
自分の幸せをつかみ取る機会を失ってしまうのです。

聞き上手はモテるという構図は一般的ですが、
内容の質が悪ければ、「話を聞いていない」という感想に至ります。

聞く姿勢を養うには、内容のリフレクトが重要になります。
相槌だけでは不十分なのです。

相手の会話内容を一部分吸収しながら、自分の意見を述べる。
これこそが聞き上手とみなされる条件になるのです。

たとえば、
女性「今日の晩御飯はイタリアンとフレンチどっちがいい?」
男性「フレンチ」

これだけではあまりにもそっけない会話です。

しかし、男性側の返答を変えるだけでも、会話の印象は全く異なります。
女性「今日の晩御飯はイタリアンとフレンチどっちがいい?」
男性「今日の晩御飯はイタリアンよりもフレンチの方がいいかな。」

たった少しの会話調節だけでも、聞き手としての質は大きく異なるのです。

子どもの言葉を育てるためにも、リフレクトという手法は利用されます。
それほど心理面に絶大なインパクトを与えてくれるからこそ、
聞き手としての質を確保し、モテる男になるためには重要なのです。

さらに自分から話題を展開することなくモテる男になりたいのであれば、
相手の会話内容をリフレクトしたうえで、
発想に対する褒めを加えることが、会話の印象を大きく彩ります。

会話がしやすいという印象は、
将来共にするという視点に立って考えても非常に有利です。
だからこそ、聞き上手というステイタスはモテる男の条件に含まれるのです。