聞き上手もマスターしたら、これで差をつける


女性を初対面からグッと引き込むには、
女性が好きな話題に関して、

「男性との共通性が持てるかどうか」

が大切になってきます。

例え、聞き上手な男性と会話をしていても、
彼から共通性が伺えなかったら、
会話の後の満足感には、
どこか欠けてしまうものがあるのです。

初めてのデートで「趣味の話題」は必須ですが、
女性の趣味を聞いた時に、

「聞き上手では終わらせない事」がポイントなのです。

「へ~そうなんだ。面白そうだね。」

という一言だけで終わらせるのではなく、
そこに嘘でも、ご自分との共通性を持たせるのが大切なのです。

例えば、女性に「趣味は何か?」という質問をしたとします。

女性「ペットと一緒に過ごす事かな。」

男性「そうなんだ!何を飼っているの?」

女性「ラブラドールレトリバーっていう犬なの。」

ここまでは、「聞き上手」な男性の応対です。

では、次がアドバンスした「趣味の一致」ですよ!

男性「ラブラドールか!可愛いよね!
よく盲導犬にもなるって聞いたし、
頭の良い犬なんでしょう?
実は、僕の親戚も犬を飼っているんだけど、
動物と一緒にいると癒されるよ。」

女性「○○君も動物が好きなんだね!
今度うちのワンちゃんにも会いに来て?」

この後の会話も、

「ワンちゃんの名前は?」「散歩は毎日するの?」

など、会話は豊富に続けられます。

getty_rf_photo_of_couple_on_bench

この例文を見てわかる通り、
男性は、女性が教えた趣味に自分との共通性を合わせました。
そして、自分も犬が好きだという事に「同感」を示したのです。

「自分が犬を飼っている」

という嘘はすぐにバレてしまいますが、

「親戚の家で飼っている」

という、
調べようがないけれど、真実味のある表現をすれば、
あたかも真実のように聞こえますね。

この趣味の共通性の一致と、
相手の趣味への「同感」は、
次へのデートの有無を決める
とても大切なポイントとなるのです。

自分の話に同感してもらえた時は、
必ず「満足感」が生まれますよね。

「何食べるのが好き?」という質問をして、

女性が、

「甘い物が大好きだよ。」

と言ったとしたら、

「本当?僕は甘い物全く食べないね~。」

と、正直に言うよりは、

「僕もだよ!毎日でも食べたいくらいだよね。」

と、言った方が女性の心を掴む事は分かりますね。

嘘をつくことを勧めている訳ではありませんが、
初対面のデートではある程度

「自分を良く見せる」

ことが必要なのです。

「ありのまま」を愛してもらうのは、
もっと進展した段階においてです。

初対面の内は、
とにかくお相手の気を惹くことに重点を置かなければいけません。
多少の嘘くらいは、必要なのです。