自分の希少価値を高めるのもモテるテクニック


出会いのきっかけは人それぞれ。
その中でどのように自分をアピールするかによっても、
モテる男としての成功率が異なります。

恋愛心理を上手に活用しながら自分の魅力をアピールするのであれば、
希少性の法則というのを味方につけるのも大切です。

40

残り1つの魅力というのは誰もが体験したことがあるはずです。
あと1つしかないお菓子を食べたいと思ってことはないでしょうか?
「最後の1つあげるね」と言われた時の嬉しさは、
子どもの頃から味わってきた、何とも言えない特別感があるはずです。

こうした心理を恋愛においても働かせることによって、
自分自身の魅力を引き出すことができるのです。

たとえば、忙しくてなかなか会う時間がない中で、
自分に対して時間を確保して出かけてくれる。
限られた時間を自分のために使ってくれるという感覚が、
希少性の法則を上手に活用したアピール方法です。

行動が「大切にしてくれている」という安心感を生み、
「自分のために」という思いが恋心をくすぐるのです。

会える時間が少ない中で一緒に時を過ごすということは、
それだけで希少価値を見出すことができます。
少しでも好意を抱いている相手であれば、
こうした恋愛心理を逆手に取った行動は抜群の効力を発揮します。

いつまでも会えないとなると、どうしても違う思いに至ってしまうため、
あくまで忙しいけれど何とか調整できたというスタンスが重要。
少しの配慮を施して自分のために時間を使ったと思わせるのが、
希少性の法則を用いたモテるテクニックなのです。

毎日暇でやることがないという男性であっても、
あからさまにそれを口にするのではなく、
会えない時間や距離が少しでも会った方が燃えるのです。
だからこそ、希少性の法則を利用すべきなのです。

時間の貴重さが何倍も違って感じることができるようになると、
人の魅力がより一層際立ちます。
誰もが大切にしてほしいと思うのが恋愛の定石。
その思いを汲み取っていくことができるようになれば、
モテる男としての評判が、おのずと後ろから付いてきます。