自分の長所と短所を踏まえた振る舞いをすべき


自分自身の長所と短所を知ることによって、相手に合わせて何を補強すべきかがわかります。
自分なりのウリがなければ、女性の好みの男性像になることは不可能です。

couple-talking

まずは長所をさりげなくアピールしつつ、自分の短所についてを明かしていくことが、
人としての魅力を相手に伝えることができるようになります。

自分の長所は他人に聞くべき

自己分析が上手な人でも、他人から見た印象とギャップがあることがあります。
まずは近しい存在の人に自分の長所を見つけてもらうことによって、攻めのポイントがわかります。
何気なく一緒に過ごしている中でにじみ出てくる長所こそ、相手にアピールすべきポイントなのです。

自分が長所と思っているものであっても、相手にとっては印象不足になっていることもあります。
それでは武器として使うことはできないのです。

だからこそ、自分の存在をアピールすることができる武器を携えて出会いのきっかけを探すことが、
魅力的な結果を引き寄せる印象に繋げることができるのです。

自分の長所を見つけるには、相手に自分の良いところを10個考えてもらうべきです。
ありきたりな表現もあれば、自分では気づかなかった面を魅力としていることもあります。
10個列挙するということは、内面を的確にとらえたものが含まれています。
それこそが自分のウリになる長所なのです。

短所は自分で明かすことも大切

自分の欠点を知っている男性は、それを補うだけの努力をしていることが多く、
自分を知っているため相手のために努力をするという姿勢がはっきり見えます。

大人の男性の潔さは、自分というものを理解して行動するという点にあります。
それが、頼れるポイントになり、短所を有り余る長所でカバーすることができるのです。

女性との仲を深めるためには人間性に対する会話をするものです。
自分というものがどのような一面を持っているかを率直に話すことができなければ、
人の魅力を見据えることはできません。
だからこそ、短所を自分で説明できるだけの心意気が、モテる男のイメージとなるのです。