自然な肌色が一番素敵!


日本人の肌色は、とても綺麗だと外国の方によく言われます。
私たちはよく「黄色人種」と呼ばれていますが、
ホワイトではなく、ブラックでもない、
程よいカラーが、外国人からは良く羨ましがられるのです。

ですが、
日本の女性は美白にすごく拘りを持っていますね。
日焼け止めをたっぷり塗ったり、
日傘や、UVグローブで身を守ったり、
女性陣は必死に肌をプロテクトしています。

海外では小麦色がセクシーで魅力的な象徴であっても、
日本ではごくわずかな人達だけが、肌を焼いています。
ですが、その小麦肌の女性に貼られるレッテルは、
海外のように“セクシー”というものではなく、
“遊んでいそう”というプレイガール系の象徴とされてしまうのです。

imagesPPPP

では、男性はどうなのでしょうか?

日本人の男性でも、肌を焼いている人は一部の方々ですね。
実際に日本女性はどう感じているのかと言うと、

夏は、黒い方がかっこいい

という声が多いようです。

黒い肌は、身体が引き締まって見える効果があり、
脱いだ時の肌をよりセクシーに筋肉質に見せることが出来ます。
また、アジア人特有の黒いむだ毛でさえ、
日焼けした肌の上では目立ちにくいという利点があります。

やはり、夏は薄着の季節、
そしてビーチに出掛ける機会が多いですから、
黒い肌が、夏のイメージに良くマッチします。

ですが、冬はと言うと、

冬は白くても良い。

という女性は多数いらっしゃるんです。

1年を通して肌を焼かなくても、冬は白くていいと言うのです。

また、女性は日焼けサロンに行っている男性に、
好印象は持っていません。

そこまでしてしまうと、
プレイボーイのイメージに繋がってしまうのです。

imagesRRR

要は、女性は自然が好きなのです

夏は、程よく焼け、
冬になれば、また元に戻るような自然さで十分なのです。

逆に黒すぎても、または白すぎても、
引かれる対象にしかならないのです。

ですが、日本の男性はあまりにも、UV対策に鈍感な気がします。
あまり、日焼け止めを塗ったり、
スキンケアをする男性を見かけませんが、
いつまでもモテ男でいたいのであれば、
30代の今からしっかりとUVケアをしてください。
日焼けをしてカッコイイだけで満足しているような人は、
後にシミやそばかすなどの、皮膚トラブルで悩む原因となります。

日焼けは英語で、“Sunburn”と言います。
burnですから、意味は火傷ですね。

健康的に焼けるのは、tanningと言います。

カッコイイからといって、むやみに肌を焼いてしまうのは、
大きなトラブルのもとです。

私的には、やっぱり自然な日本人のもっている肌色が好きです。