良い意味での二面性を持つようにする


人としての魅力を表すものの中に、「意外性」というものがあります。
いわゆる、持っていたイメージとは違うというギャップです。
こうしたイメージに合わない面が魅力に感じて、相手の心をつかむことは少なくありません。

o-MEN-COOKING-facebook

相手も自分に対するイメージをある程度決定しているところを、
新たな一面を見せることによって、相手の心を揺さぶることが、
モテる男になるためのテクニックなのです。
今回は、良い意味での二面性についてを学びましょう。

良い意味での二面性の作り方

自分のイメージがどのように抱かれているかをリサーチすることによって、
意外性を作り上げることは誰にでも可能です。
まずは近しい存在の人に自分に対するイメージを聞きながら、
固定観念を打ち砕く新たな面をアピールできるポイントを学びます。

仕事ができるというイメージを持っているのであれば、
料理やお菓子を作るという意外性を持つのも良いでしょう。
自宅がすごく汚いという特徴は、良い意味での二面性にはなりません。
あくまでプラスの意味での意外性にならなければなりません。

思っていた以上にガッカリするような意外性は、モテない原因になってしまいます。
可能な限り、「意外に思ったけれど魅力的」というイメージに繋げるべきです。

相手だけが知っているという秘密の要素も魅力を引き立てる

誰もが知っている二面性は、意外性が高いものとは言いません。
他の人からあなたに対するイメージを伺ったときに、
アピールしたいポイントが聞かれてしまうと、
当たり前の情報としてしか相手には伝わりません。

あなたを知る人から聞いた情報が、「やっぱりそうだった」としか、
感じることはないのです。
だからこそ、射止めたい相手だけが知っている自分を作り上げることが、
意図的な二面性で勝負をかける時には重要となります。
自分しか知らないという特別なイメージを持たせることによって、
あなたの魅力が何倍にも輝きを増すかもしれないのです。

それが、自分をより良い人間に見せるためのテクニックなのです。