色々な色を加えてこそ魅力的な人となる


30代の男性がモテる理由としては、今までの経験を自分の魅力に変えることができる点にあります。
色々な人生経験を経て成長することによって、相手を思いやる気持ちを大きくすることができるのです。

こうした魅力は、絵具に例えると彩りを足していくようなイメージとなります。

images

日本でも多くの人気を長年継続しているアーティストのMr.Childrenの楽曲にも、
人の魅力がどのようにして作られていくかが紐解かれているものがあります。

「彩り」という楽曲の中には、Mr.Childrenが描く世界観がたっぷり詰まっています。
他にも数多くの名曲を世に送り出しているアーティストのことばに耳を傾けることによって、
人としての魅力を足していくためには、どのような行動を取るべきかを学ぶことができます。

Mr.Children「彩り」

何てことのない作業(行動)が、幸せをもたらすことは必然的。
恋愛感情を相手に抱かせるポイントも、飾らない自分に対して相手がどのように心奪われるかが、
期待する成果に繋がるか否かを示します。

特に気になる相手を自分のものにしたいという願望があるのであれば、思想から変えるべきです。
相手の色を自分自身に加えることによって、寄り添っていられるという包容力を身につけるのが、
30代の男性としての魅力を放つようになるのです。

相手に合わせて柔軟に自分自身を変化させることができる人ほど、
魅力的な側面があると惹かれる傾向があるのです。
だからこそ、色々な彩りを加えて自分色を変えることができるような姿勢を持つことが必要です。

Mr.Childrenの楽曲には数多くの名曲が存在しますが、
恋愛成就のためのヒントがまだまだ沢山隠されています。
たまには音楽に耳を傾けることによって、自分が発見できなかったエッセンスに触れ、
自分自身を成長させることができるかもしれません。

何も変えることなく惹かれる存在であれば、20代のうちにとっくにモテるはずです。
そうではない現実があるということは、何かを変える必要があるのではないでしょうか。
そう肝に銘じて行動するだけでも、他人の彩りを加えていくことができるのです。