花束を抱えて様になる男を目指す


今日はバレンタインですからね!

日本ではどうしても女性から男性へチョコレートや
プレゼントをする日、という認識が定着していますが。

世界的には今日は愛を表現し合う日、なのです。

街で見かけるのは男性が熱心に花やカードを選ぶ姿、
嬉々と花束を抱えて家路に着く姿…。

花束

日本ではそんな風習がないのだから関係がない、
日本で男がバレンタインに花束を抱えて帰るのは恥ずかしい、

今、まさかそう思われましたか?

でももし、花束をプレゼントすることであなたの恋人が顔に
愛らしい大きな笑顔を作って「ありがとう!」と言ってくれたら…。

例えそんな風習が日本になくても、
良いところは取り入れたいですよね!

花をもらって喜ばない女性はいませんよ。

もちろん花自体が単純に美しいからですが、

さらにそれはきっと、花をもらうことで(自分はこんなに
美しいものを男性からプレゼントされるのに相応しい!)
と、自信がつくからではないでしょうか。

花より団子の私ですら、もらうと笑顔になるものです。
ちなみにその当時の恋人は日本人でしたが、
バレンタインには花束を抱えて帰って来てくれました。

照れ屋の彼は、花屋さんではなくスーパーの端で売っている、
既製の花束でしたが、それでも嬉しかったものです。

同じように初めてで、花屋に行くのに照れてしまうの
であれば、そこから始めても構わないと思います。

ただ慣れてくれば女性が好きそうな、
ちょっとお洒落な花屋に入り、
予算と雰囲気を伝えて花束やアレンジ
を作ってもらってみて下さい。

15分から込んでいれば30分ほどで、
オリジナルのフラワープレゼントが出来上がり!

2000円から5000円くらいで十分だと思いますが、
他のプレゼントとの兼ね合いや状況にもよりけりなので、
目安をそれくらいに、お店のスタッフと相談してみてもいいですね。

男性側は恥ずかしい思いがあるのかもしれませんが、
女性から見ると(彼女にお花買ってあげるなんて素敵な男性!)と、
微笑ましく、しかも羨望の眼差しで見られている可能性が高いです。

まだ間に合いますよ、お花屋さんへ足を運んでみてはいかがでしょう!?