表情が持つ重要性を知る


モテる男は表情の作り方に意識を置いています。
その理由は、顔がことばを発するということを知っているからです。

ことばを用いずとも、顔を見るだけでも気持ちを読み取ることはできます。
何だかさえない、機嫌が悪そうという雰囲気を察知した経験は誰しもあるはずです。
つまり、ことばを発することなく感情を表に出すことは簡単にできるのです。

248_original

古代ローマの詩人、オウィディウスの名言にもあるように、
「黙っていても、顔が声と言葉を持っていることがよくある。」ということは、
多くの人が感覚で知っている概念なのです。

モテる男は苦しい時も弱音を吐くようなことはしません。
そればかりか、苦しさを察知されないように表情にも気をつけるのです。

モテない男は弱音が大好き

一見、心配されることが多い弱音を口にするタイプ。
しかし、女性にモテるかというと魅力的とは言えません。

確かに母性本能全開の女性にとっては、「守ってあげたい」と思うかもしれませんが、
大抵の女性は自分を大切にしてほしい男性を求めています。
つまり、弱い男性は恋愛対象の枠から外れてしまうことも多いのです。

こうした傾向を知っていれば、無駄な弱音を口にすることが、
男性としての品格を落としてしまうということに気づくのではないでしょうか。

活き活きとした表情こそ惹かれるポイント

覇気のない表情で生活している男性よりも、
何事にも精力的で活き活きしている男性の方が魅力を感じます。

福沢諭吉が残した名言の中にも、「顔色や容貌を活き活きと明るく見せるべき」という内容があり、
人の印象に左右する重大な要素であることが示されています。

いつも活き活きしていなくても良いのです。
一人の時にゆったりとした心持ちでも構いません。

しかし、少なからず人目に触れるような場所では、
自分なりのスタンスを貫くことができなければ、モテる男としては見られません。
本当にモテる男は場面の使い方が上手だからこそ、
ふと見せる表情にも気を配ることを止めないのです。