話の役割は柔軟に行う必要がある


モテる男は会話のテクニックが秀逸です。
相手と途切れなく話すことができるからこそ、親密度のアップに無駄がありません。
いち早く相手との相性を高めるテクニックとしては、
会話の役割を判断して行動するという点が考えられます。

通常は男性が聞く立場のことが多い方が、恋愛や結婚など、もつれなくうまくいくと考えられています。
女性にとって魅力的だと思う男性像は、話し上手ではなく聞き上手なのです。
いつまでも相手のことを考えずに自分の話だけをする男性は、
おそらくモテない人生を送っているのではないでしょうか。

1-1304101056120-L

大半の女性は自分の話をするのが好きなはずです。
そこに自分のことを話したいという意向を盛り込んだとしても、
相手は消化不良のまま時間を過ごすことになってしまいます。

女心に配慮して会話を進めるのであれば、会話のテクニック習得は必須。
相手を気遣って話すことができなければ、会話の主導権を渡すことなく、
ストレスだけがどんどんたまってしまうという悪循環を招きます。

聞き上手になることは仕事にも活かすことができます。
特に人と接する機会がある仕事に付いているのであれば、
自分の意見を通す一方で、他者の会話に耳を傾けることによって、
自分に足りないものを手にすることができるかもしれません。
それほどまでに会話の返し一つとっても、男性の魅力は二分化されます。

とにかく聞いてリアクションが鉄則

どんな内容の会話においても、聞いてリアクションを取るということは絶対的です。
会話のレスポンスがなければ、相手は興味のない話題というイメージを抱きます。
リアクションを短時間で行わなければいけないのです。

聞き手になるためのトレーニングを行うのであれば、
フリートークで色々な話題に触れながら、良いリアクションに磨きをかけるべきです。
言葉一つで興味の度合いを察知することもできるため、
相手の思いに配慮したレスポンスを期待すべきではないでしょうか。
それが、30代の男の魅力を磨くエッセンスとなるのです。