読書好きがモテる理由について


日常生活の中で、どんなジャンルでも構わないので読書が一部となっている男性は、
女性からモテる傾向があります。
その理由は、読書によって獲得した語彙力にあります。

語彙とは使用することができることばの量と考えるのが適切です。
つまり、どれだけことばの引き出しがあるかを指します。

ことばのレパートリーがあるということは、人に伝えるバリエーションが豊富です。
愛を伝えるにも拙い表現であっては相手に思いをぶつけることはできません。
意のままに相手の心を揺さぶるようなことばかけができるようになった時こそ、
モテる男としてのステイタスを一つ獲得したことになるのです。

場面や相手の心情に合わせて適切なことばを用いることができれば、
一緒に居ても恥ずかしい思いをすることはありません。

読書を日常生活に溶け込ませている男性がモテるのは、
場面に応じた適切な引き出しを探し当てる力があるといっても良いでしょう。

では、読書の習慣がない方にとって見るべき本を検討し、
誰でもモテる男のステイタスとできる秘訣をご紹介。

自己啓発本よりもストーリー性があるものを選択すべき

一見すると自己啓発に関する本を読みあさった方が、
やり取りのバリエーションが増えるように思えます。

couple-reading-magazine-together

しかし、実際にはストーリー性を持たせたものでなければ、
心に響きにくいという状況が発生します。
単純に読み進められるようなものであっても、自分が普段使わないことばはいくつも出現します。
それこそが、異性との交流を図る場合にも発揮されます。

意図的に読書の習慣を取り入れる

自分自身の語彙力を高めるために、意図的に読書の時間を確保するのも大切です。
特に、通勤で多くの時間を移動車両の中で過ごすスタイルであれば、
読書の時間として活用するのが魅力的。
日常生活の基礎にも繋がるスタイルの検討は、総合的に判断するのがベスト。

ことばのバリエーションを学ぶのであれば、自分が取り込みやすいものを選択するのが大切。
読書好きのメリットを会話の中で活用できれば、効果に対する魅力が高まります。