質の高い共感こそ相手の心を揺るがすカギになる


異性の心をつかむためには、心理的な面での魅力を発揮する必要があります。
「この人となら考えが合うかもしれない」という思いを抱かせることによって、
相手を自分に振り向かせることがモテる男の秘訣でもあります。

相手との共感を得ることによって、女性の心は大きく揺らぎます。
基本的には話したいという意欲が強いのが女性。
男性はおとなしく聞くというスタイルがあれば、プラスの印象に繋がります。

ただ、聞くだけでは相手は満足できないのが正直なところ。
同じように共感してくれてこそ、話して良かったという印象に繋がります。

as

話を聞くのが上手な男性は、相手に対する共感のバリエーションが豊富です。
単にうなずくだけでは共感しているとは言えません。
会話の一部を取り入れるなどしながら、しっかり聞いているというフィードバックを送ると、
相手は安心して自分の話を続けることができます。

「そうなんだぁ」「そうだよねぇ」など、自然に使えるフレーズも重宝します。
他にも相手の内容を頂きながら、「○○なんだよねぇ~」と返すだけでも、
自分と同じ思いを持ってくれたというイメージを与えることができます。

「そうそう」といった短い同意であっても、共感の念を抱くことは可能です。
「それは面白そう」などという感情を加えて返すことも、
相手にとってはしっかりことばのキャッチボールをしている印象を与えます。

会話は一方的であっては感情がプラスに揺れ動くことはありません。
特に男女の仲を深めたいと思っているのであれば、
少なからず質の高い共感を追い求めることによって、
共通項をきっかけに距離を縮めるアプローチを行うべきなのです。

ポイントとしては、女性がどのような感情を抱いて話をしているかを把握することで、
相手の気持ちに寄り添うことができます。
不満に対する話題の時に、こちらが楽観的な返しをしてしまっては、
「共感してもらえない」というイメージに繋がってしまいます。

相手の気持ちを踏まえた返答が正確にできることによって、
モテるための条件を手にすることができるはずです。