赤い糸は自分でたぐり寄せるもの


運命の赤い糸ということばを信じて、いつまでも自分で行動していないのは、
運命に甘えすぎているといっても過言ではありません。

運命というものは自分で切り開くことによって、初めて開かれるのです。
つまり、行動しなければ出会いのチャンスをつかみ取ることはできず、
他人任せにしてしまっているのであれば、いつまでもモテない男のままとなってしまうのです。

十分な出会いを重ねている人は、貪欲に出会いを求めます。
失敗しても次のステップを歩むことによって、多くの新たな出会いを手にするのです。
自分自身が行動せずに黙っていたとしても、恋愛のパートナーが現れることはありません。
特に30代という年齢に差し掛かっているのであれば、
学生時代のようなふとしたタイミングで出会うという機会は乏しくなるのです。

赤い糸は自分からたぐり寄せる気持ちで出会いを切り開かなければ、
いつまで経っても納得のいく出会いを手にすることはできないのです。
つまり、行動の量が増えることで、出会いのチャンスはおのずと増えるのです。
本当に出会うことができたかは、個人の価値観が大きく左右するのですが、
少なからず異性に出会うチャンスは、自分が探し求めてこそ価値のあるものになるはずです。

images

赤い糸は待つのではなく、自分でたぐることが、恋愛への発展に大きなポイント。
行動次第でモテる男になる可能性もアップします。
出会いに満足していないのであれば、どんどん交友関係の幅を広げるのも魅力的です。
知ってみて魅力的に思えるような人も年齢と共に多くなるからこそ、
慎重に対象を絞り込むことが、失敗しない恋愛の鉄則となるのです。

女性であれば待っていても出会いのチャンスがあるかもしれません。
しかし、男性は自分から行動しなければ、根本的な出会いのチャンスは増えません。
いつまでもモテない男でいるのか、積極的に自分を変えるかによっても、
人生の楽しみ方が変わるのではないでしょうか。

30代でモテる男になっているということは、
それまでに自分なりに行動したからこその結果なのです。
だからこそ、臆することなく貪欲に出会いを求めるのが、
赤い糸を自分の手中に収めるきっかけとなるのです。