過去の恋愛話をする場合の鉄則


恋愛感情を深めるためには、過去についての清算が終わっているかを確認すべきです。
もしも心残りがあるのであれば、自分のものにしきれないという結末も待っています。
自分だけのものに独占したいという意欲があるのであれば、
過去の恋愛話についてもやり取りが行なえるのが理想的です。
内容によって「心ここにあらず」の状態であるかがわかります。

本気で恋愛をするべき相手なのか、体だけの関係なのか、
相手の心情から読み取ることもできるはずです。
モテる男は自分にとってどのような存在になるかを瞬時に判断するため、
彼女を作るにも、体の関係のみの相手を作るのにも長けています。

一見都合の良い相手として考えられますが、
実際にはお互いの利害関係が一致しており、充実している場合がほとんどです。
できれば30代を楽しみたいと考えている方も多いはずなので、
彼女もしくは体の関係であっても、日常に潤いが欲しいのが常です。

PWH48-01_PWH48-2

さて、相手の心情を読み取るために恋愛話をすべきと語りましたが、
自分の過去についてを話さなければいけないことも少なくありません。
ただし、自分の話はシンプルにするのが相手に安心を与える鉄則です。

相手が聞いてきたことを最低限返し、
自分には過去の恋愛はすっぱりと別れを告げたことをアピールすると、
女性の心理をかきたてることができるようになります。

女々しくいつまでも過去の恋愛を引きずっているようであれば、
恋愛対象から外れてしまう場合も少なくありません。
できるだけ新たな恋愛対象として見てもらえるように、クリーンな一面を見せるのが、
モテるための鉄則であると考えるべきなのです。

会話の内容一つ取っても、過去の恋愛話を長々語るような男性は引かれます。
できるだけ良いお友達から深い関係に発展できるようなやり取りを意識することで、
限られたチャンスを確実にものにすることができるのです。

自分の言動が魅力を減らしてしまうことがあるという意識を持っていれば、
恋愛感情を効率よく抱かせることができるようになります。
そのテクニックがわかっていれば、モテる男になることもできるはずです。