違う角度で相手を見ることが大切


いくら綺麗な女性に出会ったとしても、他の人が声かけするようなありきたりな表現は、
相手を喜ばせることができません。
あまり言われたことがない言葉であっても、相手が気に入る言葉を聞かせることが、
モテる男へのステップとなるのです。

ありきたりな表現では、相手の心を動かすことができません。
では、どのようにして表現を考えるべきなのでしょうか。

その答えは相手とのコミュニケーションを洞察する力が重要なポイント。
特に、他人とやり取りをしている場面を観察することによって、
対象の相手によく使われている表現が分析できます。

このように、モテる男は分析に長けているとみなすのが適切かもしれません。

いつもとは違う角度で相手にアプローチをかけるということは、
同じようなニュアンスの言葉であっても、相手の記憶に残すことができるようになります。
この少しの違いがモテる・モテないを分けるのです。

少しでも自分の印象を刻みたいと思っているのであれば、
月並みな表現ではなく、相手にとって印象付ける言葉を選びましょう。
だからといって、あまり現代では使わない表現を用いるのは厳禁です。

Cou

褒める方法のバリエーションをつける

自分が相手を褒める場合には、どのような表現を使っているのでしょう。
「綺麗だね」「可愛いね」などの表現で相手を褒めても、相手の心は動きません。

では、相手の心を動かす言葉かけとは?
それは、相手の一面を切り取った褒めの実践に繋がります。

相手の良いところは積極的に褒める。
この法則はモテるためにはテッパンです。
但し、褒め方が上手くなければバカにしているようにしか思えず、
効果は逆転してしまう可能性があります。

まずは人を褒める鍛錬を積んでみましょう。
言葉のバリエーションが広がるようになれば、
同じ部分を褒めるにしても、相手が「グラッ」とくる一言が出せるでしょう。

相手の行動をすぐに褒めるのもモテるテクニックです。
良いことは積極的にフィードバックすることによって、
相手も注意して自分の行動を見てくれるようになります。
それが、恋愛の出発点になる可能性があるのです。